MENU
【いつでも24時間以内に相談可能】専門家によるオンラインカウンセリング✧かもみーる
カテゴリー

MBTIタイプ別に解説:絶対に言ってはいけない一言

MBTI スクールカースト
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。  

あなたはMBTIのタイプについて知っていますか?MBTIは、人々の性格や考え方を16のタイプに分けるものです。しかし、各タイプには独自の特性や価値観があり、それに基づいて「言ってはいけないこと」が存在します。この記事「MBTIタイプ別に解説:絶対に言ってはいけない一言」では、各タイプが持つ特性や価値観に基づいて、どのような言葉や態度が避けるべきかを詳しく解説しています。

この記事で何が分かるか:
  1. MBTIの各タイプが持つ基本的な特性や価値観
  2. それぞれのタイプにとって「言ってはいけない言葉」やその理由
  3. MBTIのタイプごとの具体的な会話例を通じて、どのような言葉が適切でないかの理解
  4. MBTIのタイプ間の違いを尊重し、より良いコミュニケーションをとるためのヒント

MBTIの知識を深め、人間関係をより豊かにするためのヒントを得ることができます。あなたのタイプは何ですか?そして、あなたの大切な人のタイプは?この記事を読むことで、相手をより深く理解し、より良い関係を築く手助けとなるでしょう。

目次

MBTIのタイプごとに言ってはいけない事が違うのは何故なのか?


MBTIのタイプごとに「言ってはいけないこと」が異なる理由は、各タイプが持つ特性、価値観、考え方、感じ方などが異なるためです。以下にその理由を詳しく説明します:

  1. 異なる認知機能: MBTIは、4つの異なる認知機能(思考、感情、直感、感覚)を基にしており、各タイプはこれらの機能を異なる順番で使用します。例えば、INTJは主に内向的直感を使用するのに対し、ESFPは外向的感覚を主に使用します。これにより、各タイプの考え方や価値観が異なります。
  2. 異なる価値観と優先順位: 各タイプは、自分の認知機能に基づいて異なる価値観や優先順位を持っています。これにより、あるタイプが価値を置くことを、別のタイプが理解しづらい場合があります。
  3. 誤解と偏見: 人々は、自分のタイプと異なるタイプの人々の行動や考え方を誤解することがよくあります。これにより、無意識のうちに偏見を持ってしまうことがあります。
  4. 社会的な期待: ある文化や社会においては、特定のMBTIタイプの特性が好まれることがあります。これにより、その文化や社会の期待に合わないタイプの人々は、批判されやすくなります。
  5. 個人の経験: 人々は、自分の過去の経験に基づいて、特定のMBTIタイプに対する意見や感じ方を持つことがあります。これにより、あるタイプの人々に対して偏見を持つことがあります。

以上の理由から、MBTIのタイプごとに「言ってはいけないこと」が異なるのです。それぞれのタイプの人々に対して、理解と尊重の姿勢を持つことが重要です。

MBTIの基本的な特徴と言ってはいけない言葉

MBTIの各タイプ特徴と言ってはいけない言葉を上げていきます。

ISTJ (検査官)

  1. 実直で責任感が強い
  2. 伝統やルールを重視する
  3. 詳細に注意を払い、計画的に行動する

ISTJ: 「あなたは頑固すぎる」や「新しいことを試す勇気がない」などの言葉は避けるべきです。

ISFJ (保護者)

  1. 他人のために尽くすことを好む
  2. 過去の経験を大切にする
  3. 穏やかで忍耐強い

「過去に固執している」や「変わることができない」といった言葉は避けるべきです。

INFJ (カウンセラー)

  1. 深い洞察力を持つ
  2. 他人の感情や動機を敏感に察知する
  3. 理想を追求し、変革をもたらすことを好む

「理想が高すぎる」や「現実を見失っている」といった言葉は避けるべきです。

INTJ (戦略家)

  1. 独自のビジョンや目標を持つ
  2. 論理的で計画的に物事を進める
  3. 新しいアイディアや方法を追求する

「感情がない」や「他人の気持ちを理解できない」といった言葉は避けるべきです。

ISTP (職人)

  1. 現実的で実用的
  2. 手を使って物事を解決するのが得意
  3. 瞬時の判断が得意

「計画性がない」や「無責任」といった言葉は避けるべきです。

ISFP (芸術家)

  1. 感受性が豊かで情熱的
  2. 現在の瞬間を大切にする
  3. 自分らしさを大切にする

「優柔不断」や「現実的でない」といった言葉は避けるべきです。

INFP (ヒーラー)

  1. 理想主義者で情熱的
  2. 他人の感情や価値観を尊重する
  3. 創造的で独自の世界観を持つ

「夢見がち」や「現実を受け入れられない」といった言葉は避けるべきです。

INTP (考える人)

  1. 論理的で分析的
  2. 新しいアイディアや理論を追求するのが好き
  3. 独立心が強い

「社交的でない」や「感情を表現できない」といった言葉は避けるべきです。

ESTP (挑戦者)

  1. 実践的で現実的
  2. 瞬時の判断やアドレナリンを求める
  3. 社交的でエネルギッシュ

「短絡的」や「考えが浅い」といった言葉は避けるべきです。

ESFP (エンターテイナー)

  1. 明るく社交的
  2. 現在の瞬間を楽しむのが得意
  3. 他人との関係を大切にする

「注意散漫」や「真剣に取り組めない」といった言葉は避けるべきです。

ENFP (キャンペーン)

  1. エネルギッシュで情熱的
  2. 新しい可能性やアイディアを追求する
  3. 他人との関係を大切にする

「飛び跳ねる」や「一貫性がない」といった言葉は避けるべきです。

ENTP (発明家)

  1. 創造的で知的好奇心が強い
  2. 新しいアイディアや方法を追求するのが好き
  3. 論理的で批判的な思考を持つ

「議論好き」や「他人の意見を尊重しない」といった言葉は避けるべきです。

ESTJ (監督者)

  1. 組織的で責任感が強い
  2. ルールや伝統を重視する
  3. 効率的に物事を進めるのが得意

「支配的」や「柔軟性がない」といった言葉は避けるべきです。

ESFJ (供給者)

  1. 他人のために尽くすことを好む
  2. 社交的で人間関係を大切にする
  3. 調和を重視する

「他人の期待に応えることしか考えていない」や「自分の意見がない」といった言葉は避けるべきです。

ENFJ (教育者)

  1. 他人を励ますことが得意
  2. 感受性が豊かで共感力が強い
  3. 他人との関係を深めるのが好き

ENFJ: 「過度に感情的」や「他人の気持ちに振り回される」といった言葉は避けるべきです。

ENTJ (指揮官)

  1. リーダーシップが強い
  2. 論理的で効率的に物事を進める
  3. 大きなビジョンや目標を持つ

ENTJ: 「冷酷」や「他人の感情を無視する」といった言葉は避けるべきです。

これらの特徴は、MBTIのタイプごとの一般的な特性を示しています。しかし、個人の性格や行動は、MBTIのタイプだけでなく、多くの要因によって形成されるため、これらの特徴は一般的な傾向として捉えることが重要です。

MBTIタイプ別言ってはいけない言葉:具体的な会話例

ISTJ (検査官)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: オフィスでの昼休み、ISTJの田中は新しいプロジェクトの計画を練っていた。同僚の佐藤が近づいてきて、「また昔の方法でやるの?」と言った。

結果: 田中は少しイラッとしたが、冷静に「これが最も効率的だと考えているからです」と答えた。佐藤は田中の真剣さを理解し、謝罪した。


ISFJ (保護者)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: ISFJの山田は家族のために毎週末に特別なディナーを作っていた。ある日、友人の鈴木が訪れ、「いつも同じ料理ばかりで飽きない?」と言った。

結果: 山田は少し傷ついたが、微笑んで「家族が喜ぶから」と答えた。鈴木は山田の家族愛を感じ、感謝の気持ちを伝えた。


INFJ (カウンセラー)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: INFJの中村は友人の悩みをよく聞いていた。ある日、友人の斉藤が「いつも人の話ばかり聞いて、自分のことを話さないのはなぜ?」と尋ねた。

結果: 中村は深く考え、「他人の気持ちを理解することが私の役割だと感じているから」と答えた。斉藤は中村の思いやりを感じ、感謝した。


INTJ (戦略家)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: INTJの佐野は新しいビジネスプランを提案した。しかし、同僚の伊藤が「いつも独自の方法でやるんだね」と言った。

結果: 佐野は少し驚いたが、冷静に「これが最も効果的だと考えているからです」と答えた。伊藤は佐野の独自の視点を尊重し、協力することを決意した。


ISTP (職人)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: ISTPの高橋は車の修理をしていた。友人の渡辺が訪れ、「いつも計画せずにやるんだね」と言った。

結果: 高橋は笑って「瞬時の判断が得意だから」と答えた。渡辺は高橋のスキルを認め、感心した。


ISFP (芸術家)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: ISFPの小林は絵を描いていた。友人の中島が訪れ、「いつも夢見がちだね」と言った。

結果: 小林は微笑んで「夢を描くことが私の生きがいだから」と答えた。中島は小林の情熱を感じ、絵に魅了された。


INFP (ヒーラー)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: INFPの斎藤は詩を書いていた。友人の佐々木が訪れ、「現実から逃げているの?」と言った。

結果: 斎藤は深く考え、「私の詩は現実の反映ではなく、理想や夢を表現しているんだ」と答えた。佐々木は斎藤の深い感受性を理解し、詩の美しさを再評価した。


INTP (考える人)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: INTPの村山は新しい理論を研究していた。同僚の吉田が訪れ、「いつも一人で深く考え込むね」と言った。

結果: 村山は少し笑って、「新しい発見のためには深い考察が必要だから」と答えた。吉田は村山の熱心さを感じ、研究に興味を持った。


ESTP (挑戦者)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: ESTPの石井はスポーツの大会で活躍していた。友人の山口が訪れ、「いつもアドレナリン求めてるんだね」と言った。

結果: 石井は元気よく「そうだね、挑戦することが生きがいだから!」と答えた。山口は石井のエネルギーに感化され、一緒にトレーニングを始めることになった。


ESFP (エンターテイナー)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: ESFPの中川はパーティーで皆を楽しませていた。友人の木村が訪れ、「いつも中心になるね」と言った。

結果: 中川は笑って「人々を楽しませるのが好きだから!」と答えた。木村は中川の明るさに感謝し、パーティーを一緒に盛り上げた。


ENFP (キャンペーン)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: ENFPの田辺は新しいプロジェクトのアイディアを提案していた。同僚の河野が訪れ、「また新しいことを始めるの?」と言った。

結果: 田辺は元気に「新しいことに挑戦するのが楽しいから!」と答えた。河野は田辺の情熱を感じ、プロジェクトに参加することを決意した。


ENTP (発明家)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: ENTPの藤本は新しい発明をしていた。友人の坂口が訪れ、「いつも変わったことを考えるね」と言った。

結果: 藤本はニッコリと笑って、「新しいことを考えるのが楽しいんだ」と答えた。坂口は藤本の創造力に感心し、発明に興味を持った。


ESTJ (監督者)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: ESTJの北村はチームのリーダーとして計画を立てていた。部下の酒井が訪れ、「いつも全てをコントロールしようとするんだね」と言った。

結果: 北村は真面目に「効率的に物事を進めるためには、計画が必要だと考えている」と答えた。酒井は北村のリーダーシップを尊重し、計画に協力することを決意した。


ESFJ (供給者)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: ESFJの西村は友人の誕生日会を準備していた。友人の松田が訪れ、「いつも他人のために尽くすね」と言った。

結果: 西村は優しく「人々を幸せにするのが好きだから」と答えた。松田は西村の優しさに感謝し、感動した。


ENFJ (教育者)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: ENFJの浜田は学生たちに授業をしていた。同僚の石田が訪れ、「いつも学生の気持ちを第一に考えるね」と言った。

結果: 浜田は微笑んで「学生たちの成長をサポートするのが私の役割だと思っている」と答えた。石田は浜田の熱心さを感じ、尊敬した。


ENTJ (指揮官)に言ってはいけない言葉:会話例

物語: ENTJの吉川は新しいプロジェクトのリーダーとして活動していた。部下の田村が訪れ、「いつも強引に進めるね」と言った。

結果: 吉川は冷静に「目標を達成するためには、強いリーダーシップが必要だと考えている」と答えた。田村は吉川のビジョンを理解し、プロジェクトの成功のために協力することを決意した。


これらの物語は、各MBTIタイプの特性や価値観に基づいています。言ってはいけない言葉を言ってしまった場合、相手の反応や感じ方は個人差があるため、これらの反応は一般的なものとして捉えてください

MBTIタイプ別言ってはいけない言葉関連:いろいろなランキング

MBTI診断は、人々が世界をどのように理解し、決定を下すかを示す16の異なるパーソナリティタイプを識別するための一般的なフレームワークです。これらのタイプは、各々が特有の行動パターンや反応を持つため、他人との相互作用において重要な役割を果たします。

MBTIタイプ別で怒った時に怖いと感じるランキング

1.INTP: INTPタイプは通常、冷静で論理的ですが、怒りが頂点に達すると、その怒りは一瞬にして爆発します。そのため、INTPが怒った時は非常に怖いと感じることがあります。

2.ISFP: ISFPタイプは感情的で情緒的な一面を持ち、怒りが爆発すると、その感情の嵐は誰もが恐れるものになります。

3.ESFP: ESFPタイプは通常、社交的で楽観的ですが、怒った時にはそのエネルギーが逆方向に向かうことがあります。その結果、彼らの怒りは強力で恐ろしいものになることがあります。

以下の表では、MBTIタイプ別の怒り方とそれぞれがどれほど怖いかを評価しています:

MBTIタイプ怒り方怖さランキング
INTP爆発的1位
ISFP感情的2位
ESFP強力3位

このように、MBTI診断は個々の性格特性や行動パターンを理解するための有用なツールであり、それぞれがどのように怒るかを理解することで、他人と上手くやっていくための洞察を得ることができます。

MBTI性格悪いランキング

MBTI診断は、個々の性格を16種類のタイプに分けて評価するもので、各タイプは特有の行動パターンや反応を持つ。これらのタイプは、人間関係や職場環境での対人関係において有用な情報を提供する。しかし、一部のタイプは性格が悪いと思われがちである。

MBTIタイプ別で性格が悪いと思われがちなランキング

1.INTP: INTP型の人々は、他人に興味がないと思われることが多い。彼らは自己中心的で、他人の感情に無関心なように見えることがある。

2.ISFP: ISFP型の人々は、自己中心的であると思われることが多い。彼らは自分自身の感情や欲求を優先し、他人を無視する傾向がある。

3.ESFP: ESFP型の人々は、人たらしであると思われることが多い。彼らは社交的であり、他人を利用するためにその魅力を使用することがある。

以下の表は、MBTI診断による性格悪いランキングを示しています:

MBTIタイプ性格悪い理由
INTP他人に興味がない、自己中心的
ISFP自己中心的
ESFP人たらし

これらのランキングは一般化されたものであり、個々の人々はこの限りではありません。それぞれのMBTIタイプは独自の強みと弱点を持ち、それぞれ異なる状況や環境で最高のパフォーマンスを発揮します。

MBTIメンヘラランキング

MBTI診断は、人々の性格を理解し、人間関係を深めるための有用なツールとして広く利用されています。しかし、この診断は個々の性格タイプが持つ特徴や行動パターンを示すだけでなく、各タイプが抱える可能性のある問題点や困難についても示唆しています。これには、メンヘラ傾向も含まれます。

MBTIタイプ別でメンヘラ傾向が強いランキング

メンヘラ傾向が強いとされるMBTIタイプは、感情的な安定性が低く、ストレスに対する耐性が低い傾向にあります。これらのタイプは、感情的な問題を抱えやすく、他人からの評価や承認を必要とすることが多いです。

1.INFP: 深く感じ、内向的なINFPは、自己理解と自己表現に苦労することがあります。これは、彼らが自己中心的に見える原因となり得ます。

2.ISFP: ISFPは感情的で敏感であり、否定的な評価や批判に対して特に敏感です。これは彼らが精神的な問題を抱えやすい一因となります。

3.ESFP: ESFPは社交的で楽観的ですが、他人からの承認を強く求める傾向があります。これは彼らが人たらしに見える原因となり得ます。

4.INTP: INTPは理論的で論理的ですが、他人の感情に対して無関心であることが多いです。これは彼らが他人から嫌われる原因となり得ます。

以下の表では、各MBTIタイプのメンヘラ傾向を詳しく見てみましょう。

MBTIタイプメンヘラ傾向
INFP– 自己中心的: 自己理解と自己表現に苦労することから生じる。
– メンヘラ: 感情的な問題を抱えやすい。
ISFP– 敏感: 否定的な評価や批判に対して特に敏感。
– メンヘラ: 精神的な問題を抱えやすい。
ESFP– 人たらし: 他人からの承認を強く求める。- メンヘラ: 感情的な問題を抱えやすい。
INTP– 他人から嫌われる: 他人の感情に対して無関心。- メンヘラ: 精神的な問題を抱えやすい。

このように、MBTI診断は個々の性格タイプの強みだけでなく弱点や困難も明らかにします。しかし重要なことは、これらの特徴や傾向は個々の人間性を決定するものではなく、あくまで一般的な傾向であるということです。

MBTI目の動き

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケータ)は、個々の性格タイプを理解するための心理学的ツールである。それぞれの性格タイプは、思考、感情、行動、そして目の動きにまで影響を及ぼすとされている。

MBTIタイプ別での目の動きの特徴と意味

各MBTIタイプは、特定の目の動きパターンを持つことが示されている。例えば、ISFP型の人々はしばしば視線を下に向け、内省的な思考を反映している。一方、ESFP型は視線が周囲に広がり、外向的なエネルギーを示す。

INTP型はしばしば視線を遠くに向け、抽象的な概念やアイデアを探求していることを示す。一方でESFP型は怒りや不満を表現する際に強く視線を絞り込む傾向がある。

これらの違いは微妙であるが、各MBTIタイプがどのように世界を経験し、どのように他人とコミュニケートするかについて深い洞察を提供する。

しかし、これらは一般的な傾向であり、個々の人々は異なる状況や感情によって異なる目の動きを示す可能性がある。そのため、MBTIタイプと目の動きを理解することは有用であるが、それだけで他人を判断したりラベル付けしたりすることは避けるべきである。

MBTI診断は自己理解や他人への理解を深めるための一つの道具であり、それぞれが持つ個性や特性を尊重し理解するために使用されるべきである。

MBTIタイプ別にまとめたランキングや特徴の比較

MBTIは、16の異なるタイプに分類されます。それぞれのタイプには独自の特徴がありますが、これらは一般化されたものであり、個々の人々に当てはまるかどうかは異なります。

以下はいくつかの一般的なMBTIタイプとその特徴です:

  • ISFP: 芸術的で感受性がありますが、孤独を感じやすい傾向があります。
  • ESFP: 社交的で愛情表現が豊かですが、衝動的な行動をすることもあります。
  • INTP: 分析的で論理的思考が得意ですが、社交的な場には苦手意識を持つこともあります。
  • ENFP: 活気に満ちた人で、創造力がありますが、感情的になることもあります。

よくある質問(FAQ)

以下はよくあるMBTIに関する質問とその回答です:

Q: MBTIのテストを受けることで自分のタイプを知ることができますか?
A: はい、MBTIのテストを受けることで自分のタイプを特定することができます。

Q: MBTIタイプは固定されたものですか?
A: MBTIタイプは固定されたものではありません。個々の人々は時間と経験によって変化することがあります。

Q: MBTIタイプに基づいて他人を判断しても良いですか?A: 他人を完全に理解するためにMBTIタイプだけを使うことは適切ではありません。人々は複雑な存在であり、MBTIタイプはその一部に過ぎません。

以上がMBTIに関する簡単な説明とよくある質問の回答です。性格の理解に役立つツールとして活用することが大切ですが、常識や個別の経験に基づいて人々を判断することも忘れないでください。

  1. MBTIのタイプごとに「言ってはいけないこと」が異なる理由は、各タイプが持つ特性、価値観、考え方、感じ方などが異なるため
  2. MBTIは、4つの異なる認知機能(思考、感情、直感、感覚)を基にしている
  3. 各タイプは、自分の認知機能に基づいて異なる価値観や優先順位を持つ
  4. 人々は、自分のタイプと異なるタイプの人々の行動や考え方を誤解することがよくある
  5. ある文化や社会においては、特定のMBTIタイプの特性が好まれることがある
  6. 人々は、自分の過去の経験に基づいて、特定のMBTIタイプに対する意見や感じ方を持つことがある
  7. ISTJ: 「あなたは頑固すぎる」や「新しいことを試す勇気がない」などの言葉は避けるべき
  8. ISFJ: 「過去に固執している」や「変わることができない」といった言葉は避けるべき
  9. INFJ: 「理想が高すぎる」や「現実を見失っている」といった言葉は避けるべき
  10. INTJ: 「感情がない」や「他人の気持ちを理解できない」といった言葉は避けるべき
  11. ISTP: 「計画性がない」や「無責任」といった言葉は避けるべき
  12. ISFP: 「優柔不断」や「現実的でない」といった言葉は避けるべき

如何でしたでしょうか?この記事が参考になったと思ったらブックマーク頂けると幸いです。

ではまた別の記事でお会いしましょうm(_ _)m。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴3年 医療系企業に在籍経験あり アニメ サッカー マンガ YouTube ビジネス情報に特に詳しいです。

【いつでも安心、どこからでもつながる。】かもみーるなら、心の専門家と24時間以内に相談。日々の職場や家庭での疲弊に、資格を持ったカウンセラーが寄り添います。
目次