MENU
【いつでも24時間以内に相談可能】専門家によるオンラインカウンセリング✧かもみーる
カテゴリー

MBTI診断で分かるドSとドMの違いとは?ランキングも作成

MBTI ドS
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。  

あなたはMBTI診断ノタイプでドSの要素に関して気になった結果、この記事にたどり着いたかもしれませんね。本記事では、人間の多様な性格を16のタイプに分けるMBTI理論を用いて、「ドS」とは具体的に何を指すのか、そしてその特徴は何か、そしてその中でも特に”ドS”とされるタイプについて掘り下げて考察していきます。あなた自身がドSなのか、または周囲にいる誰かがそのタイプなのか、あるいは単に心理学と性格理論に興味があるのか。どのような理由であれ、ここではMBTIとドSについてわかりやすく解説します。さあ、一緒にこの興味深いテーマを探求してみましょう。

この記事を読むことで以下の点が明らかになります:
  1. MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケータ)についての基本的な知識。それは人々の性格特性を16の異なるタイプに分類する神経心理学的ツールです。
  2. MBTIの中でドSに該当する可能性が高いタイプについての理解。それは自己主導的でリーダーシップのある人々のことを指します。
  3. ドSの持つ特徴と性格傾向を認識し理解するための具体的な指標。
  4. 必要に応じて自己や他者の行動に対する洞察を深めることができます。
  5. MBTIとドS性格の相関についての豊富な情報。それにより、人々との日常的な対人関係を理解し、向上させるための視点を得ることができます。

この記事は、専門的な知識をわかりやすく説明しながらも、楽しく読むことができる内容となっております。

MBTIの概要や関連事項は下記の記事を参考にして下さい。

目次

MBTIとドSの関係

MBTIの理論は、カール・ユングの心理学的型に基づいています。これは各人の個性が16の異なるパーソナリティタイプに分けられるという理論で、この記事ではこの理論を使ってドSについて考えていきます。。

MBTIとは

MBTIはマイヤーズ・ブリッグス タイプ指標の略称であり、それぞれの人の思考や行動の傾向を測るツールとなっています。これにより、自分や他人のパーソナリティタイプを理解し、より良い人間関係を築くためのシナリオを提供することができます。※詳しくは下の記事を参照

MBTIのドSとは

ここでのドSとは、一般的にはサド(加虐性)の略とされていますが、MBTIの文脈ではリーダーシップ能力や決断力を指すことが一般的です。決して他人を傷つけることを楽しむ性格を示すものではありません。

特に、”ENTJ”や”ESTJ”というタイプの人々は、強く、自信に満ち、組織的であり、しっかりとしたリーダーシップを発揮することで知られています。これらのタイプは、物事を効率的かつ論理的に推進することを好み、そのため彼らはドSと見なされやすいかもしれません。

つまり、MBTIの文脈におけるドSとは、非常に主導的で決断力があり、困難な状況でも毅然とした態度を持ち続ける能力のことを言います。それは、順序立てて行動し、しっかりとした責任感を持ち、物事を主導することが得意な人々を指します。

以下にMBTIのドSの特徴を表にまとめました:

特徴説明
主導的明確なビジョンを持ち、そのビジョンに向かって一歩一歩を踏み出す力がある。
決断力問題や課題に対して効率的かつ迅速に解決策を見つけ、行動に移す能力を持つ。
責任感自分が担当する仕事に対して強い責任感を持ち、結果を必ず出すという強い意志を持つ。
組織的順序立てて物事を進め、効率的な運用を積極的に追及する。

これらの特徴の持ち主であれば、自分がどんなに困難な状況に直面しても、必ずその問題を解決し、目標を達成できると自己確認することができるでしょう。 

MBTIドSランキング

今日は「MBTIタイプ別ドSランキング」をご紹介する。 MBTIは、人々が世界をどのように認識し、意志決定を行っているかを把握することができる心理学的な枠組みだ。

ドSなMBTIタイプのランキング

各MBTIタイプがどの程度“ドS”かを把握するためには、該当するタイプの主観的な解釈と行動パターンを考慮する必要がある。一般的に、“ドS”は他人を支配することや自身の欲求を満たすことを好む傾向にある。

ISTPタイプのドS性:彼らは問題解決能力に秀でており、現実的な解決策をすぐに思いつく。他人に頼ることなく、自己満足を得るための行動を取る。

ENTJタイプのドS性:彼らは精力的で、競争好きなリーダータイプ。彼らは自己主張が強く、自分の意志を貫き通すことを好む。

ISTPとISFJのドSMについて

ISTPタイプ:ISTPは即座に問題の解決を試み、その過程で頻繁にドS的な行動を取ることがある。

ISFJタイプ:ロジカルな思考と優れた対人関係スキルは、ISFJのドS的嗜好を補完している。彼らはしばしば、他人をケアするために自己犠牲を払う傾向がある。

ENTPの自称Mな人について

ENTPタイプ:ビジョナリーで、新しいことに挑戦するのが好きなENTPは、ドM的な嗜好を自称することが多い。しかし、その自称は彼らが自分自身についてどう思っているかを反映したもので、必ずしも他人から見た彼らがそのとおりであるとは限らない。 

MBTIのドSなタイプの特徴

マイヤーズ=ブリッグスタイプインディケータ(MBTI)は、人々の個々の性格特性を理解するための有効なツールとして広く認識されています。この分析ツールによれば、16の異なる性格タイプが定義されています。それぞれのタイプは独自の特性を持っており、これは日常生活や職場での実践者の思考や行動に影響を与えます。いわゆる「ドS(Sadistic)」性格は、他者を支配したいという強い願望を持ち、そのための行動を心地よく感じる人々を指す日本の用語です。これは必ずしも同性愛的な意味で使用されるわけではありません。MBTIの性格タイプで最も「ドS」に沿っていると考えられるのは、以下の3つのタイプです。

INFP、ESFJ、ENFPについて

INFP(内向的直観感情型)は、情緒豊かで理想主義的 な性格タイプです。彼らはしっかりとしていて、深い気持ちを持っていることで知られています。それは他者との関係において、彼らが支配的であることを可能にします。

次に、ESFJ(外向的観察感情型)があります。このタイプの人々は、他者の幸福を非常に重視します。彼らは感情的な支配を持っていると言われており、他人を導く能力が高いです。

最後に、ENFP(外向的直観感情型)は、熱心で創造的な個性で、人々に強力な感情的影響を及ぼすことができます。彼らは頻繁にドSな傾向を持つと認識されています。

ドMなMBTIタイプは存在するのか?

「ドM」は、日本で頻繁に使用される表現で、マゾヒスト(Masochist)を指します。しかし、これは痛みを享受するということではなく、形而上学的な意味で用いられることが多いです。MBTIの観点から、「ドM」なタイプとはどういうものなのかずっと議論されてきました。しかし、具体的な「ドM」なMBTIタイプとは一体どういうものかを明確にするのは難しいと言えます。一部の分析では、ISFJ(内向的観察感情型)やINFJ(内向的直観感情型)が「ドM」に一番近いとされていますが、これはあくまで一部の解釈であり、科学的な根拠には乏しいです。

それぞれのMBTIタイプが持つ独特な特性を理解し、どのようにそれが行動や人間関係に影響するかを学ぶことは、当人だけでなく他者との関係の向上にも役立ちます。素晴らしいことに、MBTIはこのためのテンプレートを提供する非常に便利なツールです。 

MBTIのドSとドMのタイプを比較

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケータ)は、16のパーソナリティタイプを特定するための一般的な方法で、人々の行動、認知、および感情的傾向を見つけるのに役立ちます。一部のタイプは、よりドミナント(ドS)またはサブミッシブ(ドM)な行動特性を持つ傾向があります。これらのタイプの理解は、他人との関係を築く際の相互理解を深め、コミュニケーションを改善するのに役立ちます。

ドSなMBTIタイプとは

ドSの性格の特徴を持つMBTIタイプは、リーダーシップの役割を引き受け、自身を持って行動する傾向があります。責任を取ることを恐れず、彼らはともかく結果を得ることに重点を置きます。一般的に、これらのタイプは、ESTJ(組織的なリーダー)、ENTJ(大胆なイノベーター)、ESTP(ダイナミックな問題解決者)、およびENTP(創造的なビジョナリー)の傾向があります。

ドMなMBTIタイプとは

一方、ドMの性格特性を持つMBTIタイプは、よりコンプライアンスがあり、他人と協力して働くことを好みます。彼らは感情的な共感を大切にし、統一感を尊重します。それは通常、他人に影響を与える能力に基づいています。一般的なドMタイプにはINFP(理想的なヒーラー)、ISFP(冒険的なアーティスト)、ENFJ(包括的なリーダー)、およびESFJ(献身的なケアギバー)があります。

MBTIタイプは、あなたが他人とどのように関わるか、またリーダーシップやフォローシップの役割をどのように果たすかを理解するのに役立ちます。しかし、これは絶対的なものではなく、ユーザーの経験や視点により影響を受けることができます。重要なのは、自分自身と他者を理解し、それに対応する方法を見つけることです。

以下に、ドSとドMのMBTI型の比較表を示します:

MBTIタイプドSまたはドM特徴
ESTJドS組織的なリーダー
ENTJドS大胆なイノベーター
ESTPドSダイナミックな問題解決者
ENTPドS創造的なビジョナリー
INFPドM理想的なヒーラー
ISFPドM冒険的なアーティスト
ENFJドM包括的なリーダー
ESFJドM献身的なケアギバー

これらのタイプの違いを理解することは、自分自身と他人のパーソナリティ、行動、そして感情的な反応を理解する重要なステップとなります。 

ランキング結果に対するコメント

ランキング結果については、断定的なものではなく、あくまで一般的な観察に過ぎません。あるMBTIタイプが他のタイプよりも「ドS」である可能性が高いということではありません。

これらの結果を観察するときは、人々が異なる環境と経験をもって育つため、個々の性格が異なることを理解することが重要です。注: このブログ記事は事実に基づいており、ドSに関するMBTIの特徴やランキング結果を紹介しています。ただし、MBTIは個人の性格を測るためのツールであり、個人差があることを理解してください。全ての人がランキング結果に当てはまるわけではありません。エンターテイメントの一環としてお楽しみください。

結論として、MBTIは有用なツールであり、人々が自身の理解を深め、他人との関係を改善するのに役立つ可能性があります。しかしながら、これはあくまで一つの視点であり、全ての人が全てのタイプに当てはまるわけではないことを忘れてはなりません。あくまでエンターテイメントの一環として楽しみつつ、自身の性格について深く考えるきっかけにしてください。

MBTIの偏見とは

一部の人々は、ドSタイプの人々が攻撃的、優越感を持っている、または支配的であると誤解しています。しかし、これは一般化の危険があります。ドSタイプの個々の人がそのように振る舞うとは限らず、それぞれが独自の特性と能力を持っています。

MBTIとドSタイプ:まとめ

MBTI(マイヤーズ=ブリッグス・タイプ・インジケータ)は、個々人の性格を16の性格タイプに分ける評価指標です。その中には、「ドS」と呼ばれるタイプもありますが、その定義は人によっていろいろです。

MBTIの診断で度ドSかどうか判断するには、信頼性の高いMBTIの診断テストを受けることが重要です。多くのウェブサイトやアプリが無料でMBTIの診断テストを提供していますが、その中には信頼性が低いものも存在します。より正確な結果を得るためには、公式なMBTIテストを受けることがおすすめです。

例えば16Personalitiesの性格診断テストは、非常に正確で「ちょっぴりゾッとする」と評価されているテストです。このテストを通じて、自分自身の性格や行動の背後にある理由についての詳しい説明を得ることができます。

16Personalitiesの公式サイトにアクセスすることで、MBTIに基づく性格診断テストを受けることができます。ただし、このサイトでは直接「ドS」や「ドM」に関する情報は提供されていない可能性があります。それに関する情報を探す場合、他の専門的なサイトや資料を参照する必要があるかもしれません。

公式なMBTIテストは日本人向けに開発されており、認定されたファシリテーターや専門家から提供されることが一般的です。日本国内の大学や企業の研修プログラム、または心理カウンセリングセンターなどで受けることができます。

記事の要点:

  1. ドSの性格は、MBTIの文脈では、主導的で決断力があり、困難な状況でも毅然とした態度を持ち続けるという意味を持ちます。
  2. 特に「ENTJ」と「ESTJ」のタイプは、その性格特性から、ドSの特性に近いと言えます。
  3. 一方、「ドM」は日本で頻繁に使用される表現で、一部の研究では「ISFJ」や「INFJ」が「ドM」に最も近いとされていますが、科学的な根拠は乏しい。
  4. MBTIは、16のパーソナリティタイプを特定するための有効なフレームワークであり、個々の性格を理解し、改善するための参考になります。
  5. しかし、個々のMBTIの結果は、全ての人がその性格タイプに当てはまるわけではなく、あくまで一部の性格傾向を示すものであると考慮する必要があります。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴3年 医療系企業に在籍経験あり アニメ サッカー マンガ YouTube ビジネス情報に特に詳しいです。

【いつでも安心、どこからでもつながる。】かもみーるなら、心の専門家と24時間以内に相談。日々の職場や家庭での疲弊に、資格を持ったカウンセラーが寄り添います。
目次