MENU
【いつでも24時間以内に相談可能】専門家によるオンラインカウンセリング✧かもみーる
カテゴリー

【他にはない順位づけ】MBTIタイプ怒ると怖いランキング

mbti 怒る と 怖い ランキング
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。  

あなたは、人々の性格を16のタイプに分類するMBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)に興味を持っていますか?特に、それぞれの性格タイプが怒るときの反応やその怖さについて気になったことはありませんか?この記事では、MBTIの各タイプが「怒る」という感情とどのように関連しているのか、そしてそれがどれほど怖いのかをランキング形式で詳しく探求しています。さらに、怒りの激しさや持続性、そして怒った後のフォロー能力についても考察しています。

この記事で何が分かるか:
  1. MBTIと「怒る」という感情の関係性
  2. 怒りの激しさ、持続性、フォロー能力に関するランキング
  3. 各MBTIタイプが怒るときの特性や反応
  4. 怒りの感情を3つの異なる視点からの評価
目次

MBTIタイプ怒ると怖いランキング:選考基準

MBTI怒ると怖いランキングといっても、そもそもMBTIと「怒る」という感情がどう結びつくのでしょうか?そこから考えていきましょう?

MBTIと怒りの関係

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)は、人々の性格を16のタイプに分類するための指標です。これは、人々の考え方や行動の傾向を理解するためのツールとして広く使用されています。MBTIの各タイプは、以下の4つの二項対立する特性の組み合わせに基づいています:

  1. 外向 (E) vs 内向 (I): 人々との交流を好むか、独りでいることを好むか。
  2. 感覚 (S) vs 直感 (N): 具体的な情報や現在の状況に基づいて判断するか、直感や将来の可能性に基づいて判断するか。
  3. 思考 (T) vs 感情 (F): 論理や客観的な情報に基づいて判断するか、人々の感情や価値観に基づいて判断するか。
  4. 判断 (J) vs 知覚 (P): 決断を迅速に下すことを好むか、選択肢を開いておき柔軟に対応することを好むか。

これらの性格の特性に基づいて、MBTIのタイプごとに「怒る」という感情との関係を考察することができます:

  • 思考 (T) vs 感情 (F): 思考型の人は論理的な理由で怒ることが多いかもしれません。一方、感じるタイプの人は、感情的な理由や人間関係の摩擦によって怒ることが多いと考えられます。
  • 外向 (E) vs 内向 (I): 外向的な人は、怒りをすぐに表現する傾向があるかもしれません。一方、内向的な人は、怒りを内に秘めて長く持ち続ける傾向があるかもしれません。
  • 判断 (J) vs 知覚 (P): 判断型の人は、不公平や計画の変更など、自分の期待や価値観に合わないことに対して怒ることが多いかもしれません。知覚型の人は、柔軟性があり、怒りを感じるトリガーは少ないかもしれませんが、一度怒った場合の反応は予測しにくいかもしれません。

MBTI 怒ると怖いランキング – 選出基準

それでは選考基準を説明していきます。単に「MBTI 怒ると怖いランキング」を載せても他のサイトにも書いてありますし新鮮味にかけます。そこでこの記事では怒りという感情を3種類に分けてみました。3種類以下の通りとなります。

1. 怒りの激しさ:

  • この基準は、そのMBTIタイプの人が怒ったときの感情の頻度や強さや激しさを評価します。
  • 一般的に、感情の表現が強いタイプや、価値観や信念に対する侵害を強く感じるタイプは、怒りの激しさが高くなる可能性があります。

2. 怒っている時間の長さ:

  • この基準は、そのMBTIタイプの人が怒りを感じたとき、その感情がどれくらいの時間続くかを評価します。
  • 感じるタイプや内向的なタイプは、感情を内に秘めて長く持ち続ける傾向があるかもしれません。一方、直感的なタイプや外向的なタイプは、感情をすぐに表現して解消する傾向があるかもしれません。

3. 怒った後のフォロー力

  1. 感受性と共感力: 上記のタイプ、特に「INFJ」や「ENFJ」、「INFP」は、非常に感受性が高く、他者の気持ちや状況を深く理解しようとします。このため、他者との間に摩擦や不和が生じた場合、相手の立場や感じていることを尊重し、調整やフォローを行うことが得意です。
  2. 対人関係の価値観: 「ISFJ」や「ESFJ」は、グループの調和や人間関係を非常に重視します。そのため、対人関係のトラブルを早急に解決しようとする姿勢があります。
  3. フィーリングの優先: これらのタイプは、思考よりも感情を重視する傾向があります(Fが含まれるタイプ)。そのため、論理的な正しさよりも人間関係の調和や相手の気持ちを優先することが多いです。
  4. 内向的な思考: 特に「INFJ」や「INFP」は内向的な性格の持ち主で、自分自身の感情や他者の感情に敏感です。そのため、不和が生じた際には、自分の内面と向き合いながら解決策を模索することが多いです。

以上の特性を持つタイプは、他者とのトラブルや対立が生じた場合でも、対話を通じて解決しようとする姿勢を持っています。しかし、これはあくまでMBTIの一般的な特性に基づくものであり、個人の状況や背景によっては異なる場合もありますので、その点を理解してください。

これらの基準で順位をつけて、総合的な順位を決定しようと思います。
16位から1位の順で発表します。

MBTI 怒ると怖いランキング – 怒りの頻度や激しさ

先ずは怒りの激しさランキングです。このランキングは怒りが高い頻度で強く表に出やすい順に16位から1位まで紹介します。

ランキングMBTIタイプ怒りの頻度の説明怒りの頻度(100点満点)
16位ISFP穏やかで、怒ることが少ない。怒ってもその激しさは控えめ。5
15位ISTP冷静で、怒ることは少ない。しかし、怒るとその激しさは中程度。15
14位ESFP明るく、怒ることは少ない。怒ってもその激しさは控えめ。20
13位INFP感受性が強いが、怒ることは少ない。怒ってもその激しさは中程度。25
12位ENFP明るく、怒ることは少ない。しかし、怒るとその激しさは中程度。30
11位ISFJ調和を重視するため、怒ることは少ない。怒ってもその激しさは控えめ。35
10位ESFJグループの調和を重視するが、怒ることは中程度。怒ってもその激しさは中程度。40
9位INTP論理的で、怒ることは中程度。怒るとその激しさは中程度。45
8位ENTP新しいアイディアを追求するが、怒ることは中程度。怒るとその激しさは高め。50
7位ISTJルールを重視するため、怒ることは中程度。怒るとその激しさは高め。55
6位ESTJ計画を重視するが、怒ることは頻繁。怒るとその激しさは高め。60
5位INFJ深い感受性を持つため、怒ることは頻繁。怒るとその激しさは非常に高い。70
4位ENFJ他者への関心が強いため、怒ることは頻繁。怒るとその激しさは非常に高い。75
3位INTJ自分の計画や目標を重視するため、怒ることは非常に頻繁。怒るとその激しさは非常に高い。85
2位ESTPアクションを重視するため、怒ることは非常に頻繁。怒るとその激しさは非常に高い。90
1位ENTJ結果を最も重視するため、怒ることが非常に頻繁。怒るとその激しさも非常に苛烈。100

MBTI 怒ると怖いランキング – 怒りの静かさ持続性

次に怒りの長さランキングです。このランキングは怒りが見た目には分かりづらいタイプもありますが、とにかく長く続きやすいタイプを16位~1位まで載せています。上位を怒らせて場合早期の解決は難しいかもしれません。

ランキングMBTIタイプ怒りの長さの説明怒りの長さ(100点満点)
16位ESTPアクティブで挑戦的な性格のため、怒りはすぐに冷める。20
15位ESFP明るく社交的な性格のため、怒りを長く持続させることは少ない。25
14位ENTP新しいアイディアや考えを追求する性格のため、怒りはすぐに新しい興味に移る。30
13位ESTJ効率を重視する性格のため、怒りを長く持続させることは非効率と感じる。35
12位ENTJ結果を重視する性格のため、怒りを長く持続させることは目的達成の妨げと感じる。40
11位ISTP現実的で合理的な性格のため、怒りはすぐに解決策を求める方向にシフトする。45
10位ESFJ他人のために尽くす性格のため、怒りよりも和解を重視する。50
9位ISFP自分の価値観を大切にするが、怒りよりも理解を求める傾向がある。55
8位ENFP明るく社交的な性格だが、怒りは自分の価値観や感情を再評価する方向にシフトする。60
7位ENFJ他人の気持ちを尊重する性格のため、怒りを長く持続させることは少ないが、深く感じることもある。65
6位ISTJ原則として冷静で合理的な性格のため、怒りはルールや約束に基づいて長く持続することがある。70
5位INTJ冷静で合理的な性格だが、自分の計画や目標が妨げられると怒りが長く持続することがある。75
4位INTP独自の考えを持つ性格のため、理解されないと怒りが長く持続することがある。80
3位INFJ深い感受性を持つ性格のため、理不尽なことや不正に対する怒りが長く持続することがある。85
2位INFP感受性が強い性格のため、理不尽なことに対する怒りが深く、長く持続することがある。90
1位ISFJ通常は穏やかで優しいが、一度怒るとその怒りは深く、長く持続することがある。100

MBTI 怒ると怖いが後でフォローがあるランキング

少し特殊ですが怒った後のフォロー能力をランキングしてみました。やはり、怒ってそれで終わりより、後で謝罪等の行動で示してくれるタイプなら長く続く関係にもなりえます。

ランキングMBTIタイプ説明得点(100点満点)
16位INTJ怒りを感じることはあるが、後でのフォローは少ない。10
15位ENTJ結果を重視するため、怒りの後のフォローは少ない。15
14位ESTJ計画や組織を重視するため、怒りの後のフォローは少ない。20
13位ISTJルールを重視するため、怒りの後のフォローは中程度。25
12位ESTPアクションを重視するが、怒りの後のフォローは中程度。30
11位ISTP冷静に問題を解決しようとするが、怒りの後のフォローは中程度。35
10位ENTP新しいアイディアを追求するが、怒りの後のフォローは中程度。40
9位INTP論理的思考が強いが、怒りの後のフォローはやや手厚い。45
8位ESFP怒りを感じることはあるが、後でのフォローは手厚い。50
7位ISFP怒りを感じることはあるが、後でのフォローは非常に手厚い。55
6位ENFPコミュニケーションを重視するため、怒りの後のフォローは非常に手厚い。60
5位INFP感受性が強いため、怒りの後のフォローは非常に手厚い。65
4位ESFJグループの調和を重視するため、怒りの後のフォローは非常に手厚い。70
3位ISFJ他者のために尽くす性格のため、怒りの後のフォローは非常に手厚い。75
2位ENFJ他者への関心が強いため、怒りの後のフォローは最も手厚い。85
1位INFJ深い感受性と他者への共感から、怒りの後のフォローは最も手厚い。100

他にはないMBTI 怒ると怖いランキング – 総合順位

今までの怒りの激しさ+怒りの持続-怒り後のフォローの数値を合計して順位をつけました。

総合ランキング

順位MBTIタイプ詳しい寸評総合点
1INTJ怒りが頻繁で激しい。持続性が高いが、フォローは少なめ。150
2ENTJ怒りのピークは高い。短期的な持続性で、フォローも期待できない。125
3ISTJ程よい怒りの頻度。持続性は高めだが、フォローは中程度。100
4INTP怒りはそれほど激しくないが、長く持続する。フォローはやや弱い。80
5ESTP怒りやすいが、短期的。中程度のフォロー。80
6ESTJ中程度の怒りの頻度。持続性はやや低く、フォローも期待できる程度。75
7ISFJあまり怒りにくいが、怒りが最も長く持続。非常に高いフォロー能力。60
8INFJ感受性が高く、長く怒るが、最も高いフォロー能力を持つ。55
9ENFJ怒りはそれほど激しくないが、持続する。非常に高いフォロー能力。55
10INFPあまり怒りにくいが、長く持続する。高いフォロー能力。50
11ENTP中程度の怒りの頻度。持続性は低く、フォローも中程度。40
12ENFPあまり怒りにくい。中程度の持続性とフォロー能力。30
13ISTPあまり怒りにくい。持続性は中程度で、フォローも中程度。25
14ESFJ中程度の怒りの頻度。持続性も中程度で、高いフォロー能力。20
15ISFP最も怒りにくい。持続性はやや高く、高いフォロー能力。5
16ESFP怒りにくく、持続性も低い。中程度のフォロー能力。-5

MBTIタイプ怒ると怖い ランキング:まとめ

ランキングは以上で一風変わったランキングが出来たと思います。
最後に記事をおさらいしていきましょう。

  1. MBTIは性格を16のタイプに分類する指標
  2. 怒りの関係を考察する際、思考型は論理的な理由、感じるタイプは感情的な理由で怒る
  3. 外向的な人は怒りをすぐに表現、内向的な人は怒りを長く持ち続ける
  4. 怒りの激しさランキングでは、ENTJタイプが最も怒りやすいと評価
  5. 怒っている時間の長さランキングでは、ISFJタイプが最も怒りが長く持続すると評価
  6. 怒った後のフォロー能力ランキングでは、INFJタイプが最もフォローが手厚いと評価
  7. 怒りの激しさ、持続性、フォローの3つの基準でランキングを作成
  8. 怒りの持続性では、感じるタイプや内向的なタイプは感情を長く持ち続ける傾向
  9. 怒った後のフォロー力では、感受性と共感力が高いタイプがフォローが得意
  10. 怒りの総合ランキングでは、INTJタイプが最も怒りが頻繁で激しいと評価

この記事が参考になったと思ったらブックマーク頂けると幸いです。ではまた別の記事でお会いしましょうm(_ _)m。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴3年 医療系企業に在籍経験あり アニメ サッカー マンガ YouTube ビジネス情報に特に詳しいです。

【いつでも安心、どこからでもつながる。】かもみーるなら、心の専門家と24時間以内に相談。日々の職場や家庭での疲弊に、資格を持ったカウンセラーが寄り添います。
目次