MENU
【いつでも24時間以内に相談可能】専門家によるオンラインカウンセリング✧かもみーる
カテゴリー

MBTIの仕事できるランキング:社会人に必要な能力で考えてみた

MBTI 仕事 できる ランキング
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。  

あなたは自分のMBTIタイプが仕事でどのように影響するか疑問に思ったことはありませんか?この記事では、MBTIパーソナリティタイプを基に、仕事での成功と能力を考察します。

MBTIタイプに基づく職業適性についての理解、自分のMBTIタイプが仕事でどのように役立つかの洞察、そして異なるMBTIタイプの人々との効果的なコミュニケーション方法について、あなたの疑問に答えます。

この記事で分かる事
  1. MBTIタイプと職業適性: 各MBTIタイプの特徴と、それが職業選択や職場でのパフォーマンスにどのように影響するか。
  2. 強みと弱みの分析: 各タイプの強みと弱みを詳細に分析し、それらが仕事の成功にどのように寄与するかを探ります。
  3. コミュニケーション戦略: 異なるMBTIタイプの人々とのコミュニケーションを効果的に行うための戦略とテクニック。
  4. 自己理解と自己成長: 自分のMBTIタイプを深く理解し、それを活用して自己成長と職業的成功を促進する方法。

この記事を読むことで、あなたは自分のMBTIタイプが仕事でどのように役立つか、また、異なるタイプの人々との効果的なコミュニケーション方法についての洞察を得ることができます。MBTIを通じて自己理解を深め、職業的な成功を目指すための具体的なアドバイスが提供されています。

目次

MBTIで見る仕事の適性とランキングの要因

MBTIで見る仕事の適性とランキングの要因

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)は、個人の性格タイプを理解し、それを職業選択や職場での役割に活かすための強力なツールです。この記事では、MBTIの各タイプが仕事でどのように機能し、特定の職業で成功しやすいかについて探ります。また、MBTIタイプ別の仕事での成功度をランキング形式で紹介し、自己理解とキャリアの方向性を探求する手助けをします。

MBTIとは何か:職業選択における重要性

MBTIは、人々の性格を16の異なるタイプに分類します。これらのタイプは、個人の好みや行動傾向を示し、職業選択や職場での役割に大きな影響を与えることができます。例えば、あるタイプはチームワークを重視し、別のタイプは独立して作業することを好むかもしれません。この理解は、自分自身や他人との関係を改善し、より効果的な職業選択をするための基盤となります。

MBTIと職業選択:相性を理解する

MBTIタイプに基づく職業選択は、個人の強みと好みを最大限に活かすことができます。例えば、ESTJ(外向的、感覚的、思考的、判断的)は管理職や組織的な役割に適している可能性が高く、ISFP(内向的、感覚的、感情的、知覚的)は芸術的な職業や自由度の高い環境での仕事に適しているかもしれません。

MBTIタイプに基づいて、仕事での成功の可能性やキャリア選択について探求します。各タイプの強みと弱みを分析し、それに基づいたランキングを提供します。これにより、読者は自分のMBTIタイプを理解し、それに適した職業や職場環境を見つけることができます。

「仕事できる」とは何か:社会人の観点から

ではこの記事の本題である仕事できるランキングについて考えてみます。仕事できるにも色々考えられると思いますが、今回は会社での仕事ができる…つまり社会人に当てはめて考えていきます。

  1. コミュニケーション能力:
    • この能力は、チームメンバーや他の関係者との効果的なコミュニケーションを行う能力を指します。これには、明確な表現、聞き手の理解を促進するスキル、適切なフィードバックの提供などが含まれます。
  2. 問題解決能力:
    • 問題を特定し、論理的かつ創造的な方法で解決策を見つける能力です。これには、批判的思考、分析的思考、そして時には革新的なアプローチが必要です。
  3. 組織力と計画性:
    • 仕事を効率的に進めるために必要な、計画立案や時間管理、リソースの最適化などのスキルを含みます。計画性が高い人は、目標達成に向けてシステマティックに進めることができます。
  4. リーダーシップとチームワーク:
    • チームを導き、メンバーを動機付け、目標達成に導く能力(リーダーシップ)と、他のメンバーと協力して作業を進める能力(チームワーク)を指します。
  5. 創造性と革新性:
    • 新しいアイデアや解決策を生み出す能力です。革新的な思考は、従来の枠を超えたアプローチを可能にし、新しい価値を生み出すことができます。
  6. ストレス耐性と適応性:
    • ストレスの多い状況下でも冷静に対処し、変化する環境や予期せぬ問題に柔軟に対応する能力を指します。
  7. 専門知識:
    • 特定の職業や業務に関連する深い知識や技能です。専門知識は、効率的かつ効果的な業務遂行の基盤となります。今回のランキングでは専門知識をつけようとするタイプほど高得点としてます。
  8. 注意力:
    • 細部に注意を払い、ミスを減らし、効率的な業務遂行を可能にする能力です。特に複雑なタスクや細かい作業を扱う際に重要となります。

これらの項目を各10点満点で評価し合計点でランキングを作成します。

MBTIタイプ別:仕事出来るランキングと適したキャリア

MBTIタイプ別:仕事出来るランキングと適したキャリア

MBTIタイプごとに各項目を10点満点で評価するという要望に基づき、以下のような表を作成します。ただし、この評価は一般的な傾向に基づいたものであり、個々の人によって異なることをご理解ください。また、MBTIタイプは多様な特性を持ち、一つのタイプが他のタイプより優れているとは一概に言えません。この表はあくまで参考としてご覧ください。

順位MBTIタイプコミュニケーション能力問題解決能力組織力と計画性リーダーシップとチームワーク創造性と革新性ストレス耐性と適応性専門知識注意力合計点
1ENTJ891010899871
2INTJ710989810970
3ENTP98791078765
4INTP69671069861
5ESTJ87109687964
6ISTJ68975981062
7ENFJ107810786662
8INFJ9679877760
9ESFJ10688596860
10ISFJ85974107959
11ESTP9768765755
12ISTP7856956854
13ENFP10567965553
14INFP84561046649
15ESFP10447654646
16ISFP7345745742

この表は、各MBTIタイプの一般的な特性を基にした仮想的な評価です。実際の職場や状況においては、これらの特性が異なる形で表れることがあります。また、個々の人の経験や環境、個性によっても大きく異なるため、この表はあくまで一つの視点としてご利用ください。

MBTIタイプ別「仕事できる」ランキングの考慮点

  • 個々の強みと弱み: 各タイプの特性を理解し、それに基づいて職業適性を評価します。
  • 職業環境との相性: 特定の職業が特定のMBTIタイプに適しているかどうかを考慮します。
  • 多様な能力の評価: コミュニケーション、問題解決、組織力など、多角的な視点から「仕事できる」能力を評価します。
  • チーム内での役割: 個々のタイプがチーム内でどのような役割を果たすかを考慮します。

MBTIを用いて「仕事できる」ランキングを作成する際は、これらの多様な側面を総合的に考慮する必要があります。それぞれのタイプが持つ独特の強みを活かし、適切な職業環境においてそれらを最大限に発揮することが、職業上の成功につながります。

1. ENTJ

  • 個々の強みと弱み: 強力なリーダーシップ、戦略的思考能力が強み。一方で、柔軟性の欠如や他者の感情を軽視する傾向が弱み。
  • 職業環境との相性: 管理職、経営者、コンサルタントなど戦略的思考が求められる職業に適している。
  • 多様な能力の評価: 高い組織力、問題解決能力、コミュニケーションスキルを持つ。
  • チーム内での役割: リーダーや戦略家としてチームを牽引する。

2. INTJ

  • 個々の強みと弱み: 深い洞察力、計画性が強み。社交性の低さや柔軟性の不足が弱み。
  • 職業環境との相性: 研究者、エンジニア、アナリストなど、独立して深い思考が求められる職業に適している。
  • 多様な能力の評価: 高い分析力、計画性、独立した問題解決能力を持つ。
  • チーム内での役割: 分析者、戦略家としての役割を果たす。

3. ESTJ

  • 個々の強みと弱み: 実行力と組織力が強み。変化への適応性の低さや柔軟性の不足が弱み。
  • 職業環境との相性: 管理職、行政職、教育関連職など、組織的なアプローチが求められる職業に適している。
  • 多様な能力の評価: 効率的なコミュニケーション、計画性、組織力を持つ。
  • チーム内での役割: 管理者、オーガナイザーとしての役割を果たす。

4. ENFJ

  • 個々の強みと弱み: 人間関係スキルと共感力が強み。過度な感情移入や決断の遅さが弱み。
  • 職業環境との相性: 教育者、カウンセラー、人事など、人との関わりが深い職業に適している。
  • 多様な能力の評価: コミュニケーションスキル、チームワーク、創造的問題解決能力を持つ。
  • チーム内での役割: モチベーター、協力者としての役割を果たす。

5. ISTJ

  • 個々の強みと弱み: 信頼性と細部への注意が強み。柔軟性の欠如や新しい変化への抵抗が弱み。
  • 職業環境との相性: 会計士、法律関連、技術職など、細部への注意が重要な職業に適している。
  • 多様な能力の評価: 高い組織力、計画性、実行力を持つ。
  • チーム内での役割: 実行者、計画者としての役割を果たす。

6. INFJ

  • 個々の強みと弱み: 洞察力と倫理的思考が強み。ストレス耐性の低さや決断の遅さが弱み。
  • 職業環境との相性: カウンセラー、作家、芸術家など、創造性と倫理的思考が求められる職業に適している。
  • 多様な能力の評価: 創造性、共感力、洞察力を持つ。
  • チーム内での役割: インスピレーター、アドバイザーとしての役割を果たす。

7. ESFJ

  • 個々の強みと弱み: 人間関係スキルと組織力が強み。感情的な反応や変化への抵抗が弱み。
  • 職業環境との相性: 教育者、看護師、カスタマーサービスなど、人との関わりが深い職業に適している。
  • 多様な能力の評価: コミュニケーションスキル、チームワーク、組織力を持つ。
  • チーム内での役割: サポーター、オーガナイザー

8. ISFJ

  • 個々の強みと弱み: 信頼性と献身性が強み。変化への抵抗や自己主張の弱さが弱み。
  • 職業環境との相性: 看護師、図書館員、管理職など、献身的なサポートが求められる職業に適している。
  • 多様な能力の評価: 高い組織力、注意力、信頼性を持つ。
  • チーム内での役割: サポーター、実行者としての役割を果たす。

9. ENFP

  • 個々の強みと弱み: 創造性と柔軟性が強み。計画性の欠如や集中力の不足が弱み。
  • 職業環境との相性: マーケティング、教育者、芸術家など、創造性が求められる職業に適している。
  • 多様な能力の評価: 高い創造性、適応性、コミュニケーションスキルを持つ。
  • チーム内での役割: イノベーター、モチベーターとしての役割を果たす。

10. INFP

  • 個々の強みと弱み: 創造性と倫理的思考が強み。現実的な問題解決や決断の遅さが弱み。
  • 職業環境との相性: 作家、カウンセラー、芸術家など、創造性と個人的価値観が重要な職業に適している。
  • 多様な能力の評価: 創造性、共感力、個人的価値観に基づく洞察力を持つ。
  • チーム内での役割: インスピレーター、アドバイザーとしての役割を果たす。

11. ESTP

  • 個々の強みと弱み: 実践的な問題解決能力と適応性が強み。計画性の欠如や衝動性が弱み。
  • 職業環境との相性: 営業、起業家、緊急対応職など、即座の行動と柔軟性が求められる職業に適している。
  • 多様な能力の評価: 実践的な問題解決能力、適応性、コミュニケーションスキルを持つ。
  • チーム内での役割: 実行者、問題解決者としての役割を果たす。

12. ESFP

  • 個々の強みと弱み: 社交性と適応性が強み。計画性の欠如や深い分析への苦手意識が弱み。
  • 職業環境との相性: エンターテイナー、セールス、サービス業など、人との関わりが中心の職業に適している。
  • 多様な能力の評価: 高い社交性、適応性、実践的な問題解決能力を持つ。
  • チーム内での役割: モチベーター、実行者としての役割を果たす。

13. ISTP

  • 個々の強みと弱み: 実践的な問題解決能力と自立性が強み。計画性の欠如や人間関係の軽視が弱み。
  • 職業環境との相性: 技術者、職人、分析職など、具体的な技能と独立性が求められる職業に適している。
  • 多様な能力の評価: 実践的な問題解決能力、自立性、適応性を持つ。
  • チーム内での役割: 実行者、分析者としての役割を果たす。

14. ISFP

  • 個々の強みと弱み: 創造性と柔軟性が強み。計画性の欠如や衝動性が弱み。
  • 職業環境との相性: 芸術家、デザイナー、ケア職など、創造性と個人的価値観が重要な職業に適している。
  • 多様な能力の評価: 創造性、柔軟性、個人的価値観に基づく洞察力を持つ。
  • チーム内での役割: インスピレーター、サポーターとしての役割を果たす。

15. ENTP

  • 個々の強みと弱み: 革新的な思考と適応性が強み。計画性の欠如や焦点の散漫さが弱み。
  • 職業環境との相性: 発明家、起業家、コンサルタントなど、革新的なアイデアと柔軟な思考が求められる職業に適している。
  • 多様な能力の評価: 革新的な問題解決能力、適応性、コミュニケーションスキルを持つ。
  • チーム内での役割: イノベーター、戦略家としての役割を果たす。

16. INTP

  • 個々の強みと弱み: 深い分析力と独立性が強み。社交性の欠如や実行に移すことへの苦手意識が弱み。
  • 職業環境との相性: 研究者、プログラマー、技術者など、理論的な思考と独立性が求められる職業に適している。
  • 多様な能力の評価: 高い分析力、独立した思考、創造的問題解決能力を持つ。
  • チーム内での役割: 分析者、イノベーターとしての役割を果たす。

これらの解説は、MBTIタイプごとの一般的な特性に基づいていますが、個人差があることを念頭に置くことが重要です。また、これらの特性は、特定の職業や役割において有利に働く可能性がありますが、それぞれのタイプが持つ独自の強みを活かすことが、最終的な成功の鍵となります。

MBTI仕事できるランキングの結論

MBTIを活用することで、自己理解を深め、キャリア選択においてより良い判断を下すことができます。この記事では、MBTIタイプ別の職業適性と成功度をランキング形式で紹介しました。自分のタイプを理解し、それに合った職業を選ぶことで、仕事の効率と満足度を高めることが可能です。また、自分の強みと弱みを理解し、それに基づいてキャリアを計画することで、より充実した職業生活を送ることができます。

この記事が、あなたのキャリア選択に役立つ情報を提供し、より充実した職業生活への一歩となることを願っています。MBTIタイプに基づいて自己分析を行い、自分に合ったキャリアパスを見つけてください。

では記事全体のおさらいといきましょう。要点を以下にまとめます。

  1. MBTIは性格タイプを16種類に分類し、仕事適性を示唆
  2. 各MBTIタイプは特定の職業や役割に自然と適合する傾向あり
  3. INTJタイプは戦略的思考が得意で、科学者やエンジニアに適している
  4. ENFPタイプは創造性が高く、芸術家やコンサルタントに向いている
  5. ISTJタイプは組織的で実務的、会計士や管理職に適任
  6. ESFJタイプは人間関係を重視し、教育やヘルスケア分野で活躍
  7. ENTJタイプはリーダーシップが強く、経営者や法律関係者に適合
  8. ISFPタイプは柔軟性があり、芸術やデザインの分野で才能を発揮
  9. INFPタイプは理想主義的で、作家やカウンセラーに向いている
  10. ESTPタイプは実践的で冒険好き、営業や起業家に適している

如何でしたでしょうか?この記事が参考になったと思ったらブックマーク頂けると幸いです。ではまた別の記事でお会いしましょうm(_ _)m。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴3年 医療系企業に在籍経験あり アニメ サッカー マンガ YouTube ビジネス情報に特に詳しいです。

【いつでも安心、どこからでもつながる。】かもみーるなら、心の専門家と24時間以内に相談。日々の職場や家庭での疲弊に、資格を持ったカウンセラーが寄り添います。
目次