MENU
【いつでも24時間以内に相談可能】専門家によるオンラインカウンセリング✧かもみーる
カテゴリー

MBTIタイプ別メンヘラランキング(改)ではINFPはどうなる?

MBTI メンヘラ ランキング
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。  

あなたがオンラインで様々な性格診断やランキングに興味を持ち、特に「メンヘラ」という言葉とMBTIの関連性について知りたいと思ったことはありませんか? 人々の性格やメンタルヘルスに関する情報は、インターネット上でさまざまな議論や誤解が生まれやすいものです。この記事では、MBTIの性格タイプと「メンヘラ度」との関連性についての真実と誤解を明らかにします。

この記事で何が分かるか:
  1. MBTIと「メンヘラ」の定義とその関連性
  2. MBTIの性格タイプとメンヘラ度との間の真実と誤解
  3. 性格タイプごとのメンヘラのステレオタイプとその背後にある理由
  4. 「メンヘラ製造機」という言葉の真相と背後にある現象
  5. 特定の性格タイプ(例: INFPやINFJ)とメンヘラのイメージ
  6. メンヘラとされる背景や要因
  7. メンヘラの状態や精神的な不安定さを防ぐための対策やアプローチ
  8. MBTIとメンヘラランキングの新しい考え方
  9. メンヘラの要素とその背景や意味
  10. 精神的に不健全になる状態になりやすいMBTIタイプのランキング
目次

MBTIとメンヘラランキングのイメージ

早速MBTIとメンヘラランキングについて考えてみましょう。

因みにMBTIの概要や関連事項は下記の記事を参考にして下さい。

MBTIとメンヘラの関連性

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター)は、人々の性格タイプを示すための診断ツールとして広く知られています。一方、「メンヘラ」という言葉は、メンタルヘルスの問題を持つ人々を指す俗語として使われることが多いです。近年、MBTIの性格タイプとメンヘラ度との関連性についての議論がインターネット上で増えてきました。しかし、これら二つの概念は本質的に異なるものであり、直接的な関連性を持つわけではありません。

MBTIの性格タイプとメンヘラ度

MBTIの診断結果は、人々の思考や行動の傾向を示すものであり、メンタルヘルスの状態を示すものではありません。たとえば、ENFPやINTJなどの性格タイプがメンヘラであるという一般的な認識は、誤解に基づくものである可能性が高いです。性格タイプによってメンヘラ度が高いとされる根拠は、科学的な証拠に乏しいです。

MBTIの性格とメンタルヘルス

MBTIの性格タイプは、人々の思考や感情、行動の傾向を示すものであり、それぞれのタイプには得意な点や苦手な点があります。しかし、これはメンタルヘルスの状態とは異なるものです。たとえば、INFPの人々は感受性が高く、深い内省を持つ傾向がありますが、これはメンヘラであるという意味ではありません。

性格タイプとメンヘラのステレオタイプ

一部の人々は、特定のMBTIの性格タイプ(例: INFPやINFJ)がメンヘラであるというステレオタイプを持っています。これは、その性格タイプの人々が感情的になりやすい、または感受性が高いという特性に基づくものかもしれません。しかし、これは一般的な傾向としては確認されていないため、注意が必要です。

ステレオタイプとは?


ステレオタイプとは、特定のグループやカテゴリに属する人々に対して、一般化された、固定的なイメージや先入観を持つことを指します。これは、個人の実際の特性や能力を考慮することなく、そのグループ全体に対して持たれる先入観や偏見に基づいています。

ステレオタイプは、文化、社会、メディアなどの影響を受けて形成されることが多く、時には誤った情報や偏見に基づいていることもあります。そのため、ステレオタイプに基づいて個人を判断することは、その人の真の特性や能力を見落とすリスクがあります。

例えば、ある国や民族、性別、職業などに関する一般的なイメージや信念がステレオタイプとして存在することがあります。これらのステレオタイプは、実際の個人の特性や行動とは異なる場合が多いため、偏見や差別の原因となることもあります。

メンヘラ製造機の真相

「MBTI メンヘラ製造機」という言葉が一部で話題になっていますが、これはMBTIの性格タイプがメンヘラを生み出すという意味ではありません。むしろ、この言葉は、一部の人々がMBTIの性格タイプをもとにメンヘラ度を判断しようとしている現象を指しています。特に特定のタイプはメンヘラの傾向が高いというイメージもあります。

特定のタイプのメンヘラのイメージ

ここからは特定のタイプのメンヘライメージに関して調べていきます。とりわけINFPはメンヘラの特徴があると言われる事があります。現にMBTIのメンヘラランキングを見るとINFPが1位に入っていたりします。

INFP メンヘラの関連性

INFPの性格タイプの人々は、感受性が高く、深い感情を持つ傾向があります。このため、一部の人々はINFPがメンヘラであるという誤解を持っていることがあります。しかし、これは一般的な傾向としては確認されていないです。

INFJの性格タイプの人々も、感受性が高く、深い感情を持つ傾向があります。しかし、これはメンヘラであるという意味ではありません。INFJの人々は、他者の感情を敏感に察知する能力を持っているため、一部の人々からはメンヘラと誤解されることがあるかもしれません。

INFP メンヘラ度の判断基準

INFPの性格タイプの人々がメンヘラであると判断する基準は明確に存在しないです。一部の人々が、INFPの感受性や感情の深さをもとにメンヘラ度を判断しようとすることがあるかもしれませんが、これは科学的な根拠に基づくものではありません。人々のメンタルヘルスは多くの要因によって影響を受けるため、一つの性格タイプだけでの判断は避けるべきです。

INFPが「怒ると怖い」の理由

「INFPが怒ると怖い」という言葉が一部で話題になっています。INFPの性格タイプの人々は、通常は穏やかで感受性が高いため、怒りを表現するときにはその感情が強く出ることがあるかもしれません。しかし、これはINFPの人々全体の傾向としては確認されていないです。

INFPと精神疾患との関連

INFPの性格タイプの人々が精神疾患を持つ可能性が高いという情報も一部で流布しています。しかし、これは科学的な根拠に基づくものではなく、あくまで一般的な認識やステレオタイプに過ぎない可能性が高いです。

メンヘラ製造機の女性の特徴

「メンヘラ製造機」という言葉は、一部の人々が特定の性格タイプや行動をもとにメンヘラ度を判断しようとする現象を指しています。特に、女性に対してこの言葉が使われることがあるかもしれません。しかし、これは一般的な傾向としては確認されていないため、注意が必要です。

メンヘラを防ぐためには? 

「メンヘラ」とは、精神的な問題や感情の不安定さを持つ人々を指す俗語です。例としてINFPで考えてみますが、メンヘラと言われる背景には、その感受性の高さや理想を追求する性格が影響している可能性があります。

メンヘラの状態や精神的な不安定さを防ぐためには以下のような対策やアプローチが考えられます:

  1. 自己理解を深める:自分の性格や感情の動きを理解することで、ストレスの原因や対処法を見つけやすくなります。
  2. ストレスマネジメント:リラクゼーション技法や趣味を持つことで、ストレスを適切に処理する方法を見つける。
  3. 適切なコミュニケーション:感じていることや考えていることを適切に伝えることで、他者との関係をスムーズに保つ。
  4. 適切なサポートを求める:カウンセリングや心理療法などの専門家のサポートを受けることで、自分の感情や考えを整理する。
  5. 健康的な生活習慣:適切な睡眠、食事、運動を心がけることで、身体的・精神的な健康を保つ。
  6. リアルな期待値を持つ:理想と現実のギャップを小さくするために、自分や他者に対する期待値をリアルに持つ。

最後に、メンヘラという言葉は、一般的にはネガティブなニュアンスを持つことが多いですが、それぞれの人が持つ感受性や感情は、その人の個性や魅力の一部でもあります。自分自身を受け入れ、適切なサポートや対処法を見つけることで、より健康的で充実した日常を送ることができるでしょう。

MBTIとメンヘラランキングの新しい考え

この章ではMBTIとメンヘラランキングを違う考えで作成してみたいと思います。メンヘラの理由を以下の様に考えてみました。

メンヘラの要素3選
  1. 精神的な健康状態
    • メンヘラという言葉は、もともと「メンタルヘルス」から派生したものであり、精神的な健康状態に問題がある、またはそのような症状を示す人を指すことが多いです。このような精神的に不健全な状態になりやすいタイプ
  2. 感情の表現
    • メンヘラとされる人は、感情の起伏が激しい、過度に依存的な行動をとる、自傷行為をするなど、感情の表現が極端であると感じられることが多いです。ここで注目したいのが他人に依存してしまう点です。感情の起伏も自傷行為も他人への依存が理由となっている事が多いです。
  3. コミュニケーションのスタイル
    • 昨今はインターネット上でのコミュニケーションにおいて、自身の精神的な問題や感情を頻繁に公然と表現することで、他者からの注目や共感を求める行動が見られることがあります。そう、他人に自分の事を、自分の置かれている状況を分かって欲しい事、それを何かしらの行為で伝えようとする事です。これは2の感情の表現で上げた感情の起伏や自傷行為もこの他人に共感してほしい分かって欲しいという要素として考えました。

これらの要素は、メンヘラという言葉の背景や意味を理解する上での参考となるものですが、実際の個人の状態や行動を総括的に判断するものではありません。メンヘラという言葉を使用する際には、その背景や意味を理解した上で、適切な文脈で使用することが重要です。

ここからはメンヘラランキングについて考えてみます。先ほど挙げた3つの要素を順にランキングして最終的にメンヘラランキングを考えてみます。尚、完全にこのサイト独自の評価なので参考までに見て下さい。16位~1位の順で見ていきます。

精神的に不健全になる状態になりやすいタイプ

順位MBTIタイプ理由点数(100点満点)
16位ESTJ実践的で組織的、ルーチンを好むため50
15位ENTJ強い意志と決断力を持つため52
14位ESTP現実的でアクティブ、即座の問題解決を好むため54
13位ESFP社交的で楽観的、現在を生きるタイプのため56
12位ISTJ責任感が強く、事実に基づいて行動するため58
11位INTJ独立心が強く、計画的であるため60
10位ISTP現実的で冷静、即座の問題解決を好むため62
9位INTP理論的で抽象的な思考を好むため64
8位ESFJ他者の感情やニーズを気にかけるため66
7位ENTP新しいアイディアや可能性を追求するため68
6位ENFJ他者の感情やニーズを気にかけ、理想を追求するため70
5位ISFJ他者の感情やニーズを気にかけ、実践的であるため72
4位INFP内省的で理想を追求するため74
3位ENFP内省的で新しい可能性を追求するため76
2位INFJ内省的で他者の感情やニーズを気にかけるため78
1位ISFP内省的で現在を生きるタイプのため80
このランキングはMBTIの性格タイプの一般的な特性に基づいて作成されていますが、
実際の個人の行動や感情の表現はその人の経験や環境によって異なることがあります。


「内省的」とは、自分の内面や心の中を深く考える、または自己反省を行う性質や傾向を持つことを指します。内省的な人は、自分の感情や考え、動機などをしっかりと自覚し、それについて考察することが得意であり、自分自身の内面に目を向けることが多いです。この言葉は、特に心理学や哲学の文脈でよく使われます。

内省的=精神が不健全に繋がる理由

「内省的で現在を生きるタイプ」という特性がISFPのメンヘラ度を高める要因として挙げられる理由について詳しく説明いたします。

  1. 内省的な性格: 内省的な性格を持つ人は、自分の感情や考えを深く探求する傾向があります。この深い自己探求は、自分の感情や考えに過度に没頭し、外部の現実とのギャップを感じやすくなる可能性があります。特に、自分の理想や期待と現実が合致しない場合、そのギャップからストレスや不安を感じることが考えられます。
  2. 現在を生きるタイプ: ISFPは「現在を生きる」タイプとして知られており、その瞬間瞬間の感情や感覚に敏感です。この特性は、現在の状況や出来事に強く影響を受けやすいことを意味します。そのため、日常の小さな出来事や他者との関係においても、感情が揺さぶられやすく、精神的な不安定さを引き起こす可能性が高まります。
  3. 感受性の高さ: ISFPは、他のタイプに比べて感受性が高いとされています。この高い感受性は、他者の感情や周囲の雰囲気に敏感に反応するため、外部からの刺激やストレスに対して脆弱になる可能性があります。

これらの特性を合わせると、ISFPは自分の内面と外部の現実との間でギャップを感じやすく、そのギャップから来るストレスや不安を経験しやすいと考えられます。このような理由から、ISFPは「精神的に不健全になる状態になりやすい」というランキングで高い位置にランクインする可能性があると考える事が出来ます。

INFPとISFPの感受性の比較


INFPとISFPは、MBTIの性格タイプの中で、両方とも感受性が高いとされるタイプです。しかし、その感受性の特性や表現の仕方には違いがあります。

INFP
ISFP
  • 内向的な感覚: INFPは内向的な感覚(Fi: Introverted Feeling)を主要な機能として持っています。これにより、自分の価値観や感情に非常に敏感であり、深い内省や自己探求を行う傾向があります。
  • 理想主義: INFPは理想主義者として知られ、自分の理想や価値観に基づいて行動することを重視します。このため、現実と理想とのギャップを感じると、深い感情の動揺を経験することがあります。
  • 外向的な感覚: ISFPは外向的な感覚(Se: Extraverted Sensing)を持っています。これにより、現在の環境や外部の刺激に対して敏感に反応します。具体的な経験や感覚を大切にし、その瞬間瞬間を生きることを重視します。
  • 現実的な感受性: ISFPは現実の出来事や環境に基づいて感情を感じる傾向があります。そのため、周囲の環境や人々との関係において感受性が高まることが考えられます。

結論として、INFPとISFPの感受性の高さを単純に比較するのは難しいです。INFPは内向的な感情や理想に基づく感受性が高いのに対し、ISFPは外部の刺激や現実に基づく感受性が高いと言えます。どちらも感受性が高いとされるタイプですが、その感受性の源泉や表現の仕方に違いがあります。

つまり感受性の高さは同じくらいでも外部の影響を受ける可能性が高く、メンヘラとは他者とのつながりや影響でなる事が多いと考える為、この順位としました。

他人に依存的なタイプ

順位MBTIタイプ理由点数
16INTJ独立心が強く、他者に依存することが少ない。10
15ISTJ実務的で独立心が強い。20
14ENTJリーダーシップが強く、他者に依存することが少ない。25
13ESTJ自分の役割をしっかりと果たす。30
12INTP独自の思考を追求し、他者の意見を必要としないことが多い。35
11ENTP新しいアイディアを追求するが、他者の意見を求めることもある。40
10ISTP実践的だが、時折、他者のサポートを求めることがある。45
9ESTP社交的だが、他者との連携を求めることがある。50
8ENFJ他者との関係を大切にするが、自分の意見も持っている。55
7ESFJ他者の感情に敏感で、人々との調和を重視する。60
6INFP感受性が高く、他者との深い関係を求めることが多い。65
5ENFP社交的で、他者との深いつながりを求めることが多い。70
4ISFP感受性が高く、他者との関係を大切にする。75
3ESFP明るく社交的で、他者との関係を重視する。80
2INFJ深い感受性と共感性を持ち、他者との深いつながりを求める。85
1ISFJ他者の感情やニーズに非常に敏感で、人々との調和やサポートを最優先に考える。90
このランキングはMBTIの性格タイプの一般的な特性に基づいて作成されていますが、
実際の個人の依存度はその人の経験や環境によって異なることがあります。

MBTIタイプと他人への依存度の総括

MBTIの性格タイプには、各タイプごとに異なる特性や傾向があります。これにより、一部のタイプは他人に依存しやすい性質を持つことが示唆されています。

  • 高い依存度を示すタイプ:
    • ISFJ: 他者の感情やニーズに非常に敏感であり、人々との調和やサポートを最優先に考える。
    • INFJ: 深い感受性と共感性を持ち、他者との深いつながりを求める。
    • ESFP: 明るく社交的であり、他者との関係を重視する。
    • ISFP: 感受性が高く、他者との関係を大切にする。

これらのタイプは、他者との関係性を重視し、共感やサポートを求める傾向が強いです。

  • 中程度の依存度を示すタイプ:
    • ENFP, INFP, ESFJ, ENFJ: これらのタイプも他者との関係を大切にしますが、独立性も一定程度保持しています。
  • 低い依存度を示すタイプ:
    • INTJ, ISTJ, ENTJ, ESTJ: これらのタイプは独立心が強く、他者に依存することが少ない。特にINTJやISTJは、自らの考えや判断を重視し、他者の意見やサポートを必要としないことが多い。

他者からの共感を求めるタイプ

順位MBTIタイプ理由点数
16位ISTJ実務的であり、感情を公然と表現することが少ない。10
15位INTJ独立心が強く、感情を他者に見せることが少ない。20
14位ESTJ任務遂行を重視し、感情の公然とした表現は控えめ。25
13位ENTJリーダーシップを重視し、感情よりも結果を優先する。30
12位ISTP実践的であり、感情を公然と表現することが少ない。35
11位INTP独自の思考を重視し、感情の表現は控えめ。40
10位ESTPアクションを重視し、感情の公然とした表現は少なめ。45
9位ENTP新しいアイディアを追求するが、感情の表現は控えめ。50
8位ISFJ他者の感情やニーズを重視するが、自身の感情を公然と表現することは少ない。55
7位ESFJ他者の感情に敏感だが、自身の感情を公然と表現することは控えめ。60
6位INFJ深い感受性を持つが、自身の感情を他者に見せることは控えめ。65
5位ENFJ他者との関係を大切にするが、自身の感情を公然と表現することもある。70
4位ISFP感受性が高く、自身の感情を公然と表現することが多い。75
3位ESFP明るく社交的で、自身の感情を公然と表現することが多い。80
2位INFP感受性が非常に高く、自身の感情や問題を公然と表現することが多い。85
1位ENFP社交的であり、自身の感情や問題を公然と表現し、他者からの共感を求めることが多い。90
このランキングはMBTIの性格タイプの一般的な特性に基づいて作成されていますが、
実際の個人の行動や感情の表現はその人の経験や環境によって異なることがあります。

他者からの共感を求めるタイプの総括

MBTIに基づく「他者からの共感を求めるタイプ」の総括を以下に示します:

  1. 高い共感を求めるタイプ:
    • ENFP: このタイプは外向的で感受性が高く、自分の感情や考えを公然と表現する傾向があります。彼らは他者との深いつながりを価値とし、その結果として他者からの共感や理解を強く求めることが多いです。
    • INFP: 内向的ながらも非常に感受性が高く、自分の感情や価値観を深く理解してもらいたいと願っています。彼らは自分の内面の世界を他者と共有することで、共感や理解を求めることが多いです。
    • ESFP & ISFP: これらのタイプは現在を生きることを重視し、自分の感情や経験を自然体で表現します。彼らは自分の真実を共有することで、他者からの共感を得ることを期待しています。
  2. 中程度の共感を求めるタイプ:
    • ENFJ, INFJ, ESFJ, ISFJ: これらのタイプは他者の感情やニーズを深く気にかける傾向があります。彼らは他者との関係を重視し、自分の感情や考えを共有することで、相互の理解や共感を深めることを望んでいます。
  3. 低い共感を求めるタイプ:
    • ENTP, INTP, ESTP, ISTP: これらのタイプは独自の思考や行動を重視し、他者の意見や共感を必要としないことが多いです。彼らは自分の考えや行動を信じており、他者からの共感を求めることは少ないです。
    • ENTJ, INTJ, ESTJ, ISTJ: これらのタイプは結果や効率を重視し、感情よりも論理や事実を優先する傾向があります。彼らは自分の意見や判断を信じて行動するため、他者からの共感を特に求めることは少ないです。

総じて、感受性が高く、他者との関係を重視するタイプは、他者からの共感を強く求める傾向があります。一方、論理的または実践的な思考を重視するタイプは、他者からの共感をあまり求めないことが多いです。

MBTIとメンヘラランキングの総合順位

順位MBTIタイプ総得点計算式総括
1位ENFP23676 + 70 + 90社交的であり、自身の感情や問題を公然と表現し、他者からの共感を求めることが多い
2位ISFP23080 + 75 + 75感受性が高く、自身の感情を公然と表現することが多い
3位INFJ22878 + 85 + 65深い感受性を持つが、自身の感情を他者に見せることは控えめ
4位INFP22474 + 65 + 85感受性が非常に高く、自身の感情や問題を公然と表現することが多い
5位ISFJ21772 + 90 + 55他者の感情やニーズに非常に敏感で、人々との調和やサポートを最優先に考える
6位ESFP21656 + 80 + 80明るく社交的で、自身の感情を公然と表現することが多い
7位ENFJ19570 + 55 + 70他者との関係を大切にするが、自身の感情を公然と表現することもある
8位ENTP15868 + 40 + 50新しいアイディアを追求するが、感情の表現は控えめ
9位ESTP14954 + 50 + 45アクションを重視し、感情の公然とした表現は少なめ
10位ISTP14262 + 45 + 35実践的であり、感情を公然と表現することが少ない
11位INTP13964 + 35 + 40独自の思考を重視し、感情の表現は控えめ
12位ESFJ18666 + 60 + 60他者の感情に敏感だが、自身の感情を公然と表現することは控えめ
13位ENTJ11552 + 25 + 30リーダーシップを重視し、感情よりも結果を優先する
14位ESTJ10550 + 30 + 25任務遂行を重視し、感情の公然とした表現は控えめ
15位INTJ9060 + 10 + 20独立心が強く、感情を他者に見せることが少ない
16位ISTJ8858 + 20 + 10実務的であり、感情を公然と表現することが少ない
このランキングはMBTIの性格タイプの一般的な特性に基づいて作成されていますが、
実際の個人の行動や感情の表現はその人の経験や環境によって異なることがあります。

MBTIのメンヘラランキング:まとめ

MBTIの性格タイプとメンヘラ度との関連性についての議論や情報は多く存在しますが、これらは科学的な根拠に基づくものではなく、あくまで一般的な認識やステレオタイプに過ぎない可能性が高いです。人々のメンタルヘルスは多くの要因によって影響を受けるため、一つの性格タイプや指標だけでの判断は避けるべきです。

  1. MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター)は性格タイプを示す診断ツール
  2. 「メンヘラ」とはメンタルヘルスの問題を持つ人を指す俗語
  3. MBTIの性格タイプとメンヘラ度の直接的な関連性はない
  4. 一部の人々は特定のMBTIの性格タイプ(例: INFPやINFJ)がメンヘラであるとのステレオタイプを持つ
  5. ステレオタイプは固定的なイメージや先入観を持つことを指す
  6. 「MBTI メンヘラ製造機」という言葉はMBTIの性格タイプをもとにメンヘラ度を判断する現象を指す
  7. INFPの性格タイプの人々は感受性が高く、深い感情を持つ傾向がある
  8. メンヘラという言葉は、精神的な問題や感情の不安定さを持つ人を指す
  9. メンヘラの要素として、精神的な健康状態、感情の表現、コミュニケーションのスタイルが挙げられる
  10. 内省的な性格は自己探求が深く、現在の状況や出来事に強く影響を受けやすい

如何でしたでしょうか?この記事が参考になったと思ったらブックマーク頂けると幸いです。ではまた別の記事でお会いしましょうm(_ _)m。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴3年 医療系企業に在籍経験あり アニメ サッカー マンガ YouTube ビジネス情報に特に詳しいです。

【いつでも安心、どこからでもつながる。】かもみーるなら、心の専門家と24時間以内に相談。日々の職場や家庭での疲弊に、資格を持ったカウンセラーが寄り添います。
目次