MENU
カテゴリー

MBTI診断のA型とT型の特性とは?もう一つのT型との違いも解説

mbti t と a
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは、MBTI愛好者の皆さん。あなたは「T型」と「A型」について正確に理解していますか?MBTIの世界は深く、多くの誤解が存在します。特に、伝統的なMBTIの「T型」(思考型)と、16Personalitiesモデルの「T型」(Turbulent)との違いは、多くの人々に混乱をもたらしています。この記事では、これらの違いや、A型(Assertive)とT型(Turbulent)の真実に迫ります。さらに、もう一つのT型との違いも詳しく解説します。

この記事で何が分かるか:
  1. MBTIのT型とA型の基本的な定義と違い。
  2. 16PersonalitiesモデルにおけるT型とA型の導入背景。
  3. T型(Turbulent)とA型(Assertive)の具体的な特性と傾向。
  4. 日本人におけるA型とT型の割合や傾向。
  5. T型とA型の人々の恋愛観や仕事における特徴。
  6. MBTIの伝統的なT型「思考型」(Thinking)に関する誤解の解消。

この記事を読むことで、MBTIにおけるT型とA型の深い理解を得ることができます。あなたの性格タイプに新しい視点をもたらすことでしょう。

目次

MBTIのA型とT型とは?16Personalitiesについて

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケータ)は、人間の性格を16種類に分類した心理学的な指標で、ビジネスや教育など多岐にわたる分野で活用されています。

MBTIは、4つの尺度(エクストラバージョン/イントロバージョン、センシング/イントュイティブ、シンキング/フィーリング、ジャッジング/パーセプティブ)に基づいて性格を測定します。

16Personalitiesとは: 16Personalitiesは、MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケータ)を基にした性格診断ツールの一つです。このモデルは、MBTIの4つの次元に加え、5つ目の次元として「Assertive(A型)」と「Turbulent(T型)」を導入しています。

その為、今までの16種の分類から32種の分類にする事が出来るようになりました。。

たとえば、伝統的なMBTIで「INTJ」という性格タイプがある場合、16Personalitiesのモデルでは「INTJ-A(Assertive)」と「INTJ-T(Turbulent)」の2つのバリエーションが存在します。

この追加された次元は、自己評価、自己確信、ストレス対処などの特性を示すもので、性格タイプのさらなる細分化や深化を可能にしています。

MBTIにはT型とF型の組み合わせとA型とT型の2つの違う組み合わせがある?

  • MBTIの伝統的なモデル:「T」は「Thinking(思考型)」を指す。
  • 16Personalitiesのモデル:「T」は「Turbulent」を指す。
16Personalitiesの5つの次元

Mind: この次元は、私たちが新しい環境や人々とどのように相互作用するかを示します。 

  • Extraverted (E): 外向的で、社交的
  • Introverted (I): 内向的で、独りでの時間を好む。

Energy: この次元は、私たちが情報をどのように見るか、そしてそれをどのように処理するかを示します。

  • Observant (S): 実際的で、具体的な情報に基づく。
  • Intuitive (N): 直感的で、可能性や未来を考える。

Nature: この次元は、私たちが意思決定をする際にどのように行動するかを示します。

  • Thinking (T): 論理的で、客観的な情報に基づく。
  • Feeling (F): 感情的で、人々の感情や価値観を重視する。

Tactics: この次元は、私たちが日常のタスクや目標に対してどのようにアプローチするかを示します。

  • Judging (J): 計画的で、組織的。
  • Prospecting (P): 柔軟で、新しい方法やアプローチを探る

Identity: この次元は、他の4つの次元における私たちの全体的な自己評価や自己確信を示します。

  • Assertive (A): 自己確信があり、ストレスに強い。
  • Turbulent (T): 自己評価が厳しく、感情の起伏が激しい。

したがってT型の情報を集める時は誤解しないように注意が必要です。

MBTI A型とT型の違いについて

A型(Assertive:自己主張型)とT型(Turbulent:不安定型)は、個々の性格がどれだけ自己主張的または不安定であるかを示します。A型は自己確信があり、ストレスに強い一方で、T型はより感情的で疑念深く、ストレスに弱い傾向があります。

A型(Assertive:自己主張型)強み
A型(Assertive:自己主張型)の弱み
  • 自己確信: 自分の能力や価値に自信を持っている。
  • ストレス耐性: ストレスや外部の圧力に対して冷静に対処できる。
  • 現在の状況に満足: 現在の生活や状況に対して比較的満足していることが多い。
  • 過度の自己満足: 自分の現状に満足しすぎて、新しいチャレンジや成長の機会を逃すことがある。
  • 他者の感情の無視: 自分の意見や考えを強く主張しすぎることで、他者の感情や意見を軽視することがある。
T型(Turbulent:不安定型)の強み
T型(Turbulent:不安定型)の弱み
  • 向上心: 常に自己改善や成長を求める。
  • 適応性: 新しい環境や変化に迅速に適応する能力がある。
  • 詳細志向: 細部に注意を払い、完璧を追求することが多い。
  • 過度の自己評価: 自分の行動や成果に対して過度に自己評価を行い、ストレスを感じることが多い。
  • 過度な反応: 小さな失敗や批判に過度に反応することがある。

MBTI A型とT型の会話の特徴はどうなる?


以下にA型(Assertive:自己主張型)とT型(Turbulent:不安定型)の特徴を反映する会話のシナリオを載せておきます。


シチュエーション: 2人の友人、アリス(A型)とティナ(T型)、が新しいプロジェクトの提案を上司に提出した後、カフェでその結果について話しているシーンです。

アリス(A型): 「提案の結果、上司はどう思っていたと思う?」

ティナ(T型): 「うーん、彼の反応は冷静だったけど、私たちのアイディアに完全に納得していたわけではないように感じた。もっとデータや詳細が必要だったのかもしれない。」

アリス(A型): 「確かに、彼はもう少し具体的な情報を求めていたかもしれないね。でも、私たちは最善を尽くしたし、次回に向けて改善すればいいよ。」

ティナ(T型): 「でも、私たちの提案が受け入れられなかったらどうしよう…。次回までにもっと準備をして、完璧な提案をしないと!」

アリス(A型): 「大丈夫、ティナ。私たちは良いアイディアを持っているし、少しの調整で上司も納得するはずだよ。過度に心配することはないよ。」

ティナ(T型): 「ありがとう、アリス。でも、私はこのプロジェクトにとても情熱を感じているから、完璧を追求したいんだ。」

この会話では、アリス(A型)は自己確信があり、ストレスや不安に対して冷静に対処する特徴が見られます。一方、ティナ(T型)は自己評価が厳しく、完璧を追求する傾向があり、小さなことにも反応する特徴が見られます。

MBTIのA型とT型の割合や優劣

日本人におけるA型とT型の割合と傾向

日本人におけるMBTIのA型(Assertive)とT型(Turbulent)の割合については、明確な統計は存在しませんが、一般的には、日本人は対人関係や社会的な調和を重視する傾向があるため、A型の特性である自己肯定感や積極性を持つ人が多いと考えられます。一方で、T型の特性である不安感や自己批判的な性格を持つ日本人も少なくありません。

MBTI A型とT型の性格良さのはどちらが上?

MBTI A型とT型の性格良さランキングについては、個々の価値観や状況により異なります。例えば、A型は自己肯定感が高く積極的な行動を取ることができますが、他人から見れば自己中心的に見えることもあります。一方、T型は自己批判的で不安感を抱きやすいですが、これは反面教師として自己改善への努力を促す要因にもなります。

以下にA型とT型それぞれの特徴を示す表を作成しました。

MBTIタイプ特徴
A型自己肯定感が高く、積極的な行動を取ることができる
T型自己批判的で不安感を抱きやすいが、これが自己改善への努力を促す

このように、MBTI A型とT型それぞれに良さも悪さもあります。そのため、「どちらが良いか」という問いへの答えは、「それぞれの特性を理解し、それらを最大限活用すること」だと言えるでしょう。

MBTIのA型(Assertive)とT型(Turbulent)の人々の恋愛観や仕事

A型(Assertive)とT型(Turbulent)の人々の恋愛観

まず、T型の人々は恋愛においては不安や緊張を感じやすい傾向があります。自己批判や過度な不安があり、相手との関係に対して常に心配や不安を抱えることがありますが、一方で真剣な恋愛に取り組むことができます。彼らは自分自身の感情に敏感で、相手の行動や態度にも敏感に反応することがあります。これは、彼らが自己を見つめることが得意で、自己省察が深いためです。

一方、A型の人々は自己主張が強く、自信を持ちながら恋愛に臨む傾向があります。彼らは自分の感情や欲求に正直であり、自分の意見をはっきりと主張することができます。恋愛においては、パートナーと協力し合いながら関係を築くことができます。また、A型の人々は自分の欲求を追求するだけでなく、相手の感情やニーズにも敏感に反応することができます。

A型(Assertive)とT型(Turbulent)の人々の仕事面での傾向

仕事においては、T型の人々は真面目で責任感が強く、ストレスを溜め込みがちです。彼らはパフォーマンスに対して高い基準を持っており、完璧主義的な傾向があります。彼らは自己成長に努め、自分の能力を高めるために積極的に学びます。また、彼らは社内での評価や成果に関しては敏感で、他の人々と比較されることにも敏感です。

一方、A型の人々は自己主張があり、自己管理能力が高い傾向があります。彼らはリーダーシップの資質を持ち、自信を持って仕事に取り組むことができます。彼らは自分の意見やアイデアをはっきりと表明し、自分の仕事に対して責任を持ちます。また、A型の人々は柔軟性や適応力も高く、変化に対しても柔軟に対応することができます。

T型とA型の人々はそれぞれ異なる特徴を持ちながらも、お互いを補完し合う関係を築くことができるでしょう。彼らは自己成長や相手への理解を大切にすることで、より良い恋愛関係や仕事上の関係を築くことができます。

MBTIのA型とT型の関連事項や疑問

この記事を作るにあたり分かったのですが、MBTIのT型(Turbulent)とA型(Assertive)とを調べている人がIsfpやEnfp、T型とF型…特にT型についても関心を寄せているようでした。これは冒頭でも書きましたがMBTIの伝統的なモデル:「Thinking(思考型)」と16Personalitiesのモデル:「Turbulent」の違いついて気になったのだと思われます。

その為、以下に情報を載せておきます。

ISFPやENFPは、MBTIの16の基本的な性格タイプのうちの2つです。以下、それぞれの性格タイプの簡単な説明をします

  • ISFP (Introverted, Sensing, Feeling, Perceiving): 内向的で感じるタイプ。自由を愛し、現在の環境や状況に適応する能力が高い。芸術的な才能を持つことが多い。
  • ENFP (Extraverted, Intuitive, Feeling, Perceiving): 外向的で感じるタイプ。熱狂的で創造的、社交的であり、新しいアイディアや可能性に興奋する。

MIBTにおけるもう一つのT型の性格特性と傾向

T型の人々は、「思考型」(Thinking)とも呼ばれ、理論的で論理的な思考を好む傾向があります。彼らは感情よりも事実や原理に基づいて意思決定を行うことが多く、公平で客観的な視点を持つことが特徴です。

T型の人々は、問題解決において直接的で効率的なアプローチを好みます。彼らは感情よりも論理と事実を重視し、公正さと正確さを求めます。また、T型の人々はしばしば批判的な視点を持ち、物事を分析し、問題を見つけ出す能力が高いです。

MBTI T型「思考型」(Thinking)は 冷たいのか?

T型が「冷たい」と感じられることがあるのは、彼らが感情よりも論理を重視するためです。しかし、これは彼らが感情を持っていないわけではありません。むしろ、彼らは自分の感情を抑制し、客観的な視点から物事を考えることを選ぶのです。これにより、他人からは冷静で無感情に見えることがあります。

それぞれのMBTIタイプは独自の強みと弱みを持っており、「良い」も「悪い」もありません。大切なことは自分自身を理解し、他人の違いを尊重することです。

MBTI T型特性説明
論理的感情よりも事実や原理に基づいて意思決定します。
公平公正さと正確さを重視します。
批判的物事を分析し、問題を見つけ出す能力が高いです。
冷静感情よりも客観的な視点から物事を考えます。

以上がT型「思考型」(Thinking)の説明となります。

MBTIのA型とT型:まとめ

  1. MBTIは人間の性格を16種類に分類した心理学的指標
  2. 16PersonalitiesはMBTIを基にした性格診断ツールで、5つ目の次元「Assertive(A型)」と「Turbulent(T型)」を追加
  3. この新しい次元により、16種類から32種類の性格タイプが存在
  4. A型は自己確信があり、ストレスに強い特性を持つ
  5. T型は感情的で疑念深く、ストレスに弱い特性を持つ
  6. 伝統的なMBTIの「T」は「Thinking(思考型)」を指し、16Personalitiesでは「Turbulent」を指す
  7. A型とT型の違いは、自己主張や不安定さを示すもの
  8. A型の強みは自己確信、ストレス耐性、現状にの満足度が高いこと
  9. T型の強みは向上心、適応性、詳細志向であること
  10. A型とT型の恋愛観や仕事における傾向も異なる
  11. T型「思考型」は論理的で客観的な情報に基づく意思決定を好む
  12. T型が「冷たい」と感じられるのは、感情よりも論理を重視するため

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴3年 医療系企業に在籍する傍らMBTIのサイトを立ち上げ半年でPV15万達成。持病を患ってから自分が居心地よい環境で仕事する事を追求すできるよう、これまで学んだマーケティングや収益化の知識を教えていくのが目標。
趣味:アニメ サッカー マンガ YouTube 音楽 ビジネス情報に特に詳しいです。

目次