MENU
【いつでも24時間以内に相談可能】専門家によるオンラインカウンセリング✧かもみーる
カテゴリー

MBTIで自分のタイプがX?結果が決まらない、わからない事例を深掘

MBTI X わからない
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。  

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーター)は、私たちの性格を理解するための有用なツールですが、時には結果が「X」と表示され、自分のタイプが一体何なのか分からなくなることがありますね。この「X」は一体何を意味するのでしょうか?

別のパターンでは、何度やっても結果が定まらない人もいます。

この記事では、これらの疑問に答えていきます。

この記事で何が分かるか
  1. MBTIの「X」がどのような状況で出現するのか
  2. 「X」が意味するものは何か
  3. MBTIの結果が一貫しない理由
  4. テストの信頼性について
  5. 受験者の状態や自己認識の不足が結果に与える影響
  6. 人の性格が時間とともにどのように変化する可能性があるのか
  7. 性格の変化がMBTIの結果にどのように影響するのか
  8. MBTIの結果をより深く、より正確に理解する方法

この記事を読むことで、MBTIの「X」がどのような状況で出現し、それが意味するものは何かを理解できます。また、MBTIの結果が一貫しない理由や、テストの信頼性、受験者の状態、自己認識の不足等についても詳細に学ぶことができます。

さらに、人の性格が時間とともにどのように変化する可能性があるのか、そして、それがMBTIの結果にどのように影響するのかについても探求します。この知識を通じて、MBTIの結果をより深く、より正確に理解し、自己理解を深める手助けとなるでしょう。

目次

MBTI診断でタイプがわからない結果:「X」とは何か?

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーター)は、人々の性格を16の異なるタイプに分類するための心理学的ツールです。MBTIの各タイプは、4つの異なる次元に基づいています:

  1. E(外向)or I(内向) – 人はエネルギーをどこから得るか
  2. S(現実的)or N(直感的) – 人は情報をどのように処理するか
  3. T(思考)or F(感情) – 人は判断をどのように下すか
  4. J(判断)or P(知覚) – 人は外界とどのように相互作用するか

「MBTIのX」という表現は、特定の次元において明確な傾向が見られなかった場合に、その次元を「X」と表記することがあります。たとえば、ある人が「思考」(T)と「感情」(F)の間で均等なスコアを得た場合、その人のタイプは「X」で表されるかもしれません。例えば、INTXのように表されます。これは、その人が思考と感情の間で均衡していることを意味します。

Xが出るパターン

MBTIで「X」と診断される場合、それは通常、テスト受験者が特定の次元(外向性/内向性、感覚/直感、思考/感情、判断/知覚)において、明確な傾向を示さなかったことを意味します。つまり、その次元において受験者の回答が中立的であったり、両極端の特性が均等に現れたりした場合です。

以下は、MBTIで「X」が出る可能性のあるパターンの例です:

MBTIの各次元で「X」が出るパターンは、その次元において受験者が中立的な回答をした、または両端の特性がほぼ等しく現れた場合です。以下は、全ての可能性のある「X」が出るパターンです。

1. EXXX

外向性と内向性の間で均衡が取れている。

2. IXXX

内向性と外向性の間で均衡が取れている。

3. XNXX

感覚と直感の間で均衡が取れている。

4. XSXX

感覚と直感の間で均衡が取れている。

5. XXTX

思考と感情の間で均衡が取れている。

6. XXFX

思考と感情の間で均衡が取れている。

7. XXXJ

判断と知覚の間で均衡が取れている。

8. XXXP

判断と知覚の間で均衡が取れている。

9. EXXJ

外向性と内向性の間、判断と知覚の間で均衡が取れている。

10. IXXP

内向性と外向性の間、判断と知覚の間で均衡が取れている。

11. XNTX

感覚と直感の間、思考と感情の間で均衡が取れている。

12. XSFX

感覚と直感の間、思考と感情の間で均衡が取れている。

13. EXXP

外向性と内向性の間、判断と知覚の間で均衡が取れている。

14. IXXJ

内向性と外向性の間、判断と知覚の間で均衡が取れている。

15. XXFX

思考と感情の間、判断と知覚の間で均衡が取れている。

16. XXTX

思考と感情の間、判断と知覚の間で均衡が取れている。

17. XXXX

全ての次元で均衡が取れている。

これらのパターンは、受験者が特定の次元で明確な傾向を示さなかった場合に現れます。また、これらのパターンは、テストの信頼性や受験者の自己認識の明確さにも影響される可能性があります。

MBTIのタイプが「X」以外でわからない場合はあるか?

前の章でMBTIがはっきりと診断されない場合Xと出る事がわかりました。では、それ以外にも診断結果が出ないパターンはあるのでしょうか?

ネットにこんな質問がありました。このリンクから飛べます。

要約するとMBTIの診断を何度かやってみたが、結果が何種類かの間で定まらない事で質問しているようです。

どういう時にこうなるのでしょうか?

MBTIの結果が定まらない(わからない)場合

MBTIのテストでは、「X」と診断されることがありますが、「X」が出るのは、テスト受験者が特定の次元で中立的な回答をした、または両端の特性がほぼ等しく現れた場合です。しかし、「X」が出ない場合でも、テストの結果が一貫しない、または異なるテストで異なる結果が出ることはあり得ます。

テストの結果が一貫しない理由はいくつか考えられます:

  1. テストの信頼性: 異なるテストや異なるバージョンのテストは、質問の内容や形式が異なる可能性があり、それによって結果が変わることがあります。
  2. 受験者の状態: 受験者の気分や状態、ストレスレベルによっても、回答が変わる可能性があります。
  3. 自己認識の不足: 自分自身の性格や傾向を正確に理解していないと、テストの回答が一貫しなくなる可能性があります。
  4. 質問の解釈: 同じ質問でも、受験者によって解釈が異なることがあります。

この方の場合、INFPとISFPの間で揺れているようですね。これらのタイプは非常に似ており、特に感じ取りやすい、共感力があり、内向的な特性を共有しています。しかし、INFPはより理想主義的であり、ISFPは現実的で具体的な状況に適応する傾向があります。

この方が述べた性格の特徴から、INFPまたはISFPのどちらかに当てはまる可能性が高いように見えますが、正確な診断を下すためには、専門家による評価や、より詳細で信頼性の高いテストを受けることが推奨されます。

結果が変わる事もある

MBTIのタイプは、基本的には個人の生まれつきの性格特性を反映しているとされていますが、人々の性格は環境、経験、成長などによって変化する可能性があります。また、MBTIのテスト結果が異なる場合、それは必ずしも性格が変わったことを意味しないこともあります。

1. 心理機能の影響

心理機能、すなわちカール・ユングの提唱した思考、感情、感覚、直感の機能は、MBTIの基礎となっています。これらの機能のバランスや優先度が変化すると、MBTIのタイプも変わる可能性があります。たとえば、ストレスやトラウマ、重要な人生の出来事などが心理機能のバランスを変えることがあります。

2. テストの信頼性と妥当性

MBTIのテスト結果が一貫しない、または異なるテストで異なる結果が出ることもあります。これはテストの信頼性や妥当性、または受験者の状態や解釈の違いによる可能性があります。

3. 成長と発展

人は成長とともに変化します。新しい経験や知識、スキルの習得、価値観の変化などによって、人は自己認識を深め、行動パターンを変えることがあります。これによって、MBTIのタイプも変わる可能性があります。

4. 環境の影響

環境や周囲の人々との関わりも、人の性格や行動に影響を与えます。友人、家族、職場の環境などが変わると、人は新しい状況に適応するために行動や考え方を変えることがあります。

結論

INFPまたはISFPのタイプが変わるかどうかは、多くの要因に依存します。心理機能の影響、成長と発展、テストの信頼性と妥当性、環境の影響など、様々な要素が組み合わさって性格や行動パターンが形成されます。しかし、基本的な性格特性や傾向は、一生を通じて比較的安定しているとも考えられています。

MBTIのタイプが「X」や結果が確定せずわからない場合:総括

記事のまとめです。おさらいしていきましょう。

  1. MBTIは性格を16のタイプに分類する心理学的ツール
  2. MBTIのタイプは4つの次元に基づいている:外向/内向、現実的/直感的、思考/感情、判断/知覚
  3. 「X」は特定の次元で明確な傾向が見られなかった場合に使用される
  4. Xが出るパターンは受験者が中立的な回答をした、または両端の特性がほぼ等しく現れた場合
  5. MBTIの結果が一貫しない理由はテストの信頼性、受験者の状態、自己認識の不足、質問の解釈の違いなど
  6. MBTIのタイプは基本的には個人の生まれつきの性格特性を反映しているが、環境や経験によって変化する可能性がある
  7. MBTIのテスト結果が異なる場合、それは必ずしも性格が変わったことを意味しない
  8. 心理機能のバランスや優先度が変化すると、MBTIのタイプも変わる可能性がある
  9. 新しい経験や知識、スキルの習得、価値観の変化によって、人は自己認識を深め、行動パターンを変えることがある
  10. 環境や周囲の人々との関わりも、人の性格や行動に影響を与える
  11. 基本的な性格特性や傾向は、一生を通じて比較的安定しているとも考えられている

如何でしたでしょうか?この記事が参考になったと思ったらブックマーク頂けると幸いです。ではまた別の記事でお会いしましょうm(_ _)m。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴3年 医療系企業に在籍経験あり アニメ サッカー マンガ YouTube ビジネス情報に特に詳しいです。

【いつでも安心、どこからでもつながる。】かもみーるなら、心の専門家と24時間以内に相談。日々の職場や家庭での疲弊に、資格を持ったカウンセラーが寄り添います。
目次