MENU
【いつでも24時間以内に相談可能】専門家によるオンラインカウンセリング✧かもみーる
カテゴリー

MBTIタイプ別飲み会の成功と失敗や立ち回りの特徴

MBTI 飲み会
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。  


飲み会の場での自分の行動や対応について考えたことはありますか?「MBTIタイプ別飲み会の成功と失敗や立ち回りの特徴」というこの記事では、MBTIの各タイプが社交の場での特徴、あなた自身のMBTIタイプや他のタイプの人々が飲み会でどのように振る舞うべきか、どのように適応するかを深く探求します。

そもそも飲み会に行きたくない。飲み会でどの席に座ろう。気になる子が行くので飲み会に行くしかないが、どう話してよいか分からない。等の悩みにどう適応するかについての理解を深めることができます

この記事を読むことで得られる事
  • 各MBTIタイプが飲み会でどのように振舞うかの具体的な例
  • タイプごとの社交の場での成功と失敗の要因
  • 自分のMBTIタイプを理解し、社交の場での自己表現を高める方法
  • 他のMBTIタイプとの効果的なコミュニケーション方法
  • MBTI知識を活用した自己成長と人間関係構築のヒント
  • 異なるタイプとの関係を改善し、コミュニケーションをスムーズにする方法
  • 他者との共感力を高め、より豊かな人間関係を築くための洞察

この記事を読むことで、社交の場でより自信を持って行動する方法や、異なるMBTIタイプの人々との関係をどのように改善するかについての具体的な答えが見つかります。さらに、自己理解を深め、自己成長につなげるための具体的なステップが提供されます。それでは、あなた自身の社交スキルを磨くための旅を一緒に始めましょう。

目次

MBTIと飲み会の基本と対応策

MBTIと飲み会の基本と対応策MBTIと飲み会の基本と対応策

「MBTI 飲み会とは」というキーワードで検索する人は、MBTIタイプに基づいた人々の飲み会での行動や対応の仕方に関心があります。MBTIの理解を深め、社交の場での効果的な振る舞いを身につけることがこのセクションの目的です。

MBTIと飲み会の関係とは

MBTIは個性を理解するための重要なツールです。飲み会という社交の場において、MBTIタイプごとの振る舞いの違いを理解することは、より良いコミュニケーションと関係構築に繋がります。

そもそもMBTIとは何か?

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター)は、人の性格タイプを16種類に分類する心理学的ツールです。この分類は、個々の行動様式や思考プロセスの違いを理解するのに役立ちます。

MBTIの概念について人く知りたい場合は下の記事を見て下さい。

飲み会でのMBTIの役割

飲み会では、異なるMBTIタイプの人々が集まります。各タイプの特性を理解することで、相手に合わせた対応を取ることが可能になり、より良い社交体験が実現します。


MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)は、個人の性格タイプを理解するためのツールであり、飲み会のような社交の場においてもその知識は非常に役立ちます。MBTIは16の異なる性格タイプに分けられており、各タイプは異なる嗜好、コミュニケーションスタイル、対人関係の動向を持っています。これらの違いを理解することで、飲み会での相互作用がよりスムーズに、かつ楽しくなります。

飲み会が苦手なタイプは?

飲み会が苦手と感じるMBTIタイプは、主に内向的な性格特性を持つタイプに多いです。内向的なタイプは、大勢の人が集まる社交的な場や騒がしい環境を苦手とする傾向があります。具体的には、以下のタイプが飲み会を苦手と感じることが一般的です。

  1. INTJ(戦略家タイプ):
    • INTJは一般的に内省的で、深い思考を好むため、表面的な会話や大勢での社交活動を苦手とすることが多いです。
  2. INFP(仲介者タイプ):
    • INFPは感情的な深さを重視し、内向的な性格のため、騒がしい飲み会の環境では心地よく感じないことがあります。
  3. ISTJ(管理者タイプ):
    • ISTJは秩序と伝統を重んじる性格のため、予測不可能な社交の場や騒がしい環境を好まないことがあります。
  4. ISFJ(保護者タイプ):
    • ISFJは他者の感情を深く気にするため、大勢が集まる飲み会では過度のストレスを感じることがあります。

これらのタイプは、人混みや騒音、表面的な交流が多い飲み会の環境を不快に感じる可能性が高いです。内向的なタイプは、より静かで落ち着いた環境、あるいは少人数で深い話題を共有できる場を好むことが一般的です。もちろん、これはあくまで一般的な傾向であり、個人差があることに留意する必要があります。

飲み会での席の迷い


飲み会が苦手なINFPタイプの人が、飲み会の席で快適に過ごすためには、次のようなタイプの人の近くにいることが助けになる場合があります:

  1. 理解ある友人や同僚:事前に自分の性格や苦手意識を理解してくれる友人や同僚の近くにいると、安心感が得られます。
  2. 落ち着いた性格の人:静かで思慮深い性格の人は、INFPにとって心地よい会話を提供してくれる可能性があります。
  3. INFJやISFJなどの内向的なタイプ:内向的な他のMBTIタイプの人は、INFPの感じやすい繊細さを理解し、共感してくれる可能性が高いです。
  4. ENFJやESFJなどの社交的なタイプ:このような外向的なタイプの人は、場の雰囲気を和らげ、INFPが自分を表現しやすくするかもしれません。
  5. 話題の提供者:会話の流れを自然にリードしてくれる人の近くにいると、INFPは自分から話題を提供するプレッシャーから解放されます。
  6. リスナーとしての役割を担う人:良いリスナーとして知られる人の近くにいることで、INFPは他人の話に耳を傾けることでリラックスできます。

INFPタイプの人は、飲み会のような社交的な場で過度なストレスを感じないよう、自分に合ったペースでコミュニケーションを取ることが重要です。また、無理に自分を変えようとせず、自分らしい方法で他人との関係を築くことが肝心です。

MBTIタイプと飲み会での振る舞い

  1. 外向的タイプ(例:ENFP, ESTJ):
    • このタイプの人々は、飲み会で活発に会話をリードし、グループを盛り上げることが得意です。
    • 新しい人との出会いを楽しみ、飲み会をネットワーキングの機会と見なすことが多いです。
  2. 内向的タイプ(例:ISFP, INTJ):
    • 内向的な人々は、大きなグループよりは小さなグループや一対一の会話を好む傾向があります。
    • 騒がしい環境よりも静かな場所で深い話題に花を咲かせることを好むでしょう。
  3. 感覚タイプ(例:ESTP, ISFJ):
    • 実際的で現実的な話題や具体的な経験に基づく話を好むことが多いです。
    • 飲み会での活動やゲームなど、実際の体験を通じて楽しむことを好みます。
  4. 直感タイプ(例:ENFJ, INTP):
    • 抽象的な話題やアイデアの交換に興味を持ちます。
    • 哲学的または創造的なディスカッションに積極的に参加することが多いです。
  5. 思考タイプ(例:ENTJ, ISTP):
    • 論理的かつ客観的な議論を好みます。
    • 感情よりも事実に基づく会話を好み、時に直接的で率直な意見を述べることがあります。
  6. 感情タイプ(例:ESFJ, INFP):
    • 他者の感情や価値観を重視する傾向があり、共感的な会話を重視します。
    • 飲み会の雰囲気や他者の感情を読み取るのが得意です。

飲み会に関連する悩み

飲み会に対して感じやすい不安は、人によって様々ですが、以下のようなものが一般的です:

  1. 人間関係の懸念:同僚や友人との関係が飲み会の場でどう影響を受けるかについての不安。
  2. 会話の難しさ:話題を見つけることや会話を続けることに対する不安。
  3. 環境への適応:騒がしい環境や大勢が集まる場所に適応することに対する不安。
  4. 過度の飲酒:飲みすぎてしまうことやその結果生じる行動についての不安。
  5. 社交的なプレッシャー:他人と上手く交流することへのプレッシャー。
  6. 自己意識の問題:自分の行動や言動がどう映るかに対する自己意識過剰。
  7. 帰宅の心配:飲み会後の安全な帰宅方法に対する懸念。
  8. 翌日の影響:飲み会の翌日に仕事や他の予定への影響を心配すること。

これらの不安は、個人の性格、過去の経験、社交の場に対する慣れ度合いなどによって異なります。これらを乗り越えるためには、自己受容、適切な準備、リラックスする方法の見つけなどが有効です。

飲み会と異性に関する悩み

気になる異性が出席する飲み会には特有の悩みや不安が生じることがあります。こうした状況で一般的に感じられる悩みには以下のようなものがあります:

  1. 相手との距離感:気になる異性とどの程度親しくなれるか、またはどの程度の距離を保つべきかについての悩み。
  2. 他の人との関係:異性が他の出席者と仲良くなってしまうことへの不安や嫉妬。
  3. 自分の行動:気になる異性の前でどのように振る舞うべきか、自分の魅力をどう見せるかについての悩み。
  4. 会話のきっかけ:自然な形で異性と会話を始める方法や話題選びについての不安。
  5. 連絡先の交換:どのようにしてスマートに連絡先を交換するかについての悩み。
  6. 過度の自己意識:自分の言動がどのように映るかに対する過剰な心配。
  7. 出席の決断:実際に飲み会に行くべきかどうか、行かなければ異性との関係が進展しないのではないかという悩み。

これらの悩みは、特に異性への関心がある場合、飲み会の前や最中に強く感じられることが多いです。このような状況では、自分自身を信じ、リラックスしようとすること、そして自分らしさを大切にすることが重要です。また、自然体で異性との交流を楽しむことで、無理に印象を良くしようとするプレッシャーから解放されることもあります。


これらの問題を解決するためには、短期的な対策と長期的なアプローチの両方が有効です。

短期的な解決方法(その場での立ち回り)

飲み会で異性にアピールを効果的にするにはどうすればよいですか?あまり面識がなく席も離れている状況から近づく方法を教えて下さい。

異性に効果的にアピールし、距離を縮めるためには、以下のようなステップを踏むと良いでしょう:

1. まずは視線でコミュニケーションを取る

  • 目が合った時に微笑むなど、さりげない視線の交換から始めます。
  • 適度な視線のやり取りで興味があることを伝えます。

2. 共通の話題を見つける

  • 共通の知人、仕事の話題、会場の雰囲気など、話しやすい共通のテーマを見つけます。
  • その話題を使って、周りの人との会話に自然に参加します。

3. グループ内での立ち位置を変える

  • トイレに行く、飲み物を取りに行くなどの自然な動きで、席を立って異性の近くに移動します。
  • 飲み会の途中で席替えがある場合は、隣や近くの席を選ぶチャンスと捉えます。

4. 軽いジョークや話題で会話を始める

  • 軽いジョークや会場の雰囲気に関する話題で会話を始めます。
  • 開放的な態度で話しかけ、自然な会話の流れを作ります。

5. 興味を持って質問する

  • 異性の話に興味を持って質問し、共感を示します。
  • 質問を通じて、相手の興味や価値観を理解し、共通点を見つけます。

6. 相手の反応を観察する

  • 相手の反応を注意深く観察し、興味があるかどうかを確認します。
  • 興味がなさそうなら、無理に距離を縮めずに、自然な形で会話を終えます。

7. 連絡先の交換

  • 会話が盛り上がったら、自然なタイミングで連絡先の交換を提案します。
  • SNSなどの情報交換も気軽で効果的な手段です。

8. フォローアップ

  • 飲み会後に、会話での共通点などを引き合いに出してメッセージを送ると良いでしょう。
  • 興味のある話題や次の会う機会について提案することで、関係を発展させるきっかけにします。

異性にアピールする際は、自然体でいることが重要です。無理に自分を飾るのではなく、自分らしい魅力を素直に伝えることが、相手に好印象を与えることにつながります。また、相手の快適さや自然なコミュニケーションを尊重することも、良い関係を築くためには不可欠です。

長期的な解決方法

異性への関心を引くためにこれらの能力や知識を磨くことは、有効なアプローチとなり得ます。それぞれの要素がどのように役立つかを詳しく見てみましょう:

1. 仕事の成功

  • 専門性と信頼性:職業での成功は専門性と信頼性を示し、自己効力感を高めます。
  • 社会的ステータス:仕事での地位や成功は社会的な評価を高め、魅力を向上させる可能性があります。

2. 経済的な成功(副業含む)

  • 財政的安定:経済的な安定は自立した生活を支え、相手に安心感を与えます。
  • 副業による多様性:副業や趣味からの収入は多才さを示し、話題の提供にもなります。

3. 美容や筋トレへの努力

  • 外見の向上:身体的な魅力は第一印象を強くし、異性の注目を引きやすくします。
  • 自己ケアの証:健康や体型に気を使う姿勢は自己管理能力を示し、魅力的に映ります。

4. YouTube、雑談、漫画、アニメ、ラノベ等の知識(趣味の共有)

  • 共通の趣味:これらの分野に詳しいことで、同じ趣味を持つ異性とのつながりが深まります。
  • 会話の種:ポップカルチャーに精通していることで、軽妙な会話が可能になり、親近感を与えることができます。

これらの能力や知識を磨くことは、異性へのアピールだけでなく、自己成長や自信の向上にも繋がります。重要なのは、これらの努力が自分自身のためであり、自分の価値観や興味に合っていることです。外見だけでなく、内面的な成長や多様な興味を持つことが、異性だけでなくさまざまな人々との関係を深める鍵となります。

相手の好みについてリサーチすることは重要です。これは特に人間関係の構築、特に異性との関係を築く際に有効なアプローチとなります。以下にその理由をいくつか挙げます:

相手の好みを理解することの利点

  1. 共感を示すことができる: 相手の好みや興味を理解することで、共感を示しやすくなります。これにより、相手は自分が理解されていると感じ、より親近感を抱くことがあります。
  2. 適切な会話の題材を提供する: 相手の興味に基づいた会話の題材を選ぶことで、よりスムーズで楽しいコミュニケーションが可能になります。
  3. 相手に配慮した行動ができる: 相手の好みや嗜好を知ることで、その人に合わせた小さな贈り物やサプライズを計画することができます。
  4. 関係性の深化: 相手の好みを理解することは、その人の価値観や個性を尊重することを意味し、より深いレベルでの関係性の構築につながります。
  5. 避けるべきトピックを知る: 相手の嫌いなことや避けるべき話題を知ることで、不快な体験を避け、快適な関係を維持することができます。

リサーチ方法

  • 会話を通じて:日常の会話や共通の友人からの情報を通じて、自然に相手の好みを探ります。
  • ソーシャルメディアの活用:相手のソーシャルメディアプロフィールをチェックし、共有された趣味や関心事を見つけます。
  • 観察:相手の行動や反応から好みや興味を推測します。

ただし、相手のプライバシーを尊重し、ストーカー的な行動や過度の干渉は避けるべきです。リサーチは自然でさりげない範囲内で行い、相手の快適さを第一に考えることが大切です。

MBTIタイプに基づく飲み会での対応策

  • 理解と調整: 自分のMBTIタイプを理解し、他のタイプの人々と効果的に交流するためには、自分の自然な振る舞いを少し調整することが有効です。
  • 多様性の受容: 異なるMBTIタイプの人々がいることを認識し、それぞれのスタイルやニーズを尊重することが重要です。
  • 適切な環境の提供: 飲み会を企画する際には、異なるMBTIタイプの参加者が快適に過ごせるような環境を考慮することが望ましいです。

MBTIの知識を活用することで、飲み会はより楽しく、かつ全員にとって満足のいくものになります。また、自己理解と他者理解が深まることで、より充実した社交生活を送ることができるでしょう。

MBTIタイプと飲み会における個性

MBTIタイプと飲み会における個性

MBTIタイプ別の個性を理解することは、飲み会における対応策を考える上で重要です。これにより、飲み会をより楽しく、ストレスフリーなものにすることができます。

MBTIタイプごとの立ち回り


以下はMBTIタイプごとの飲み会での立ち回りを表にしたものです:

MBTIタイプ飲み会での立ち回り
ENFP活発に会話をリードし、グループを盛り上げる
ESTJ組織的かつ率直に会話を進める
ISFP小さなグループで深い話題を好む
INTJ静かな環境で深い話題に花を咲かせる
ESTP実際的な話題や体験に基づく話を好む
ISFJ具体的な経験に基づく話に参加
ENFJ抽象的な話題やアイデアの交換に積極的
INTP創造的なディスカッションに積極的に参加
ENTJ論理的かつ客観的な議論を好む
ISTP感情よりも事実に基づく会話を好む
ESFJ共感的な会話を重視し、雰囲気を読む
INFP他者の感情を重視し、共感的な交流を好む
ENTP新しいアイデアや興味深いトピックを提供
INFJ感情的な共感を求めることが多い
ESFP活動的で楽しい会話を好む
ISTJ計画的かつ配慮深いアプローチを取る

この表は、飲み会での各MBTIタイプの立ち回り方を要約しています。これにより、異なる性格タイプの人々がどのように飲み会で振る舞うかを理解するのに役立ちます。また、自分自身のMBTIタイプを知ることで、自分の自然な行動傾向を把握し、飲み会での交流をより楽しむことができます。

飲み会で特徴的なタイプ


MBTIの性格タイプの中で、飲み会のシチュエーションで特徴的な動きをするタイプはいくつかあります。特に目立つのは、以下のタイプです。

  1. ESTP(起業家タイプ):
    • ESTPは自然と注目を集め、場の中心になることが多いです。彼らはエネルギッシュで、しばしば冒険的な提案をします。これは飲み会を盛り上げる一方で、時にリスクを伴う行動につながることがあります。
  2. INTJ(戦略家タイプ):
    • INTJは飲み会で静観する傾向があり、深い会話や論理的な議論を好みます。彼らは時に周囲と距離を置くことがあり、そのために場の雰囲気と合わないこともあります。
  3. ESFJ(総務タイプ):
    • ESFJは人々の世話を焼くことで知られており、飲み会ではしばしばホスト役を務めます。彼らは皆が楽しんでいるかを気にする一方で、過度な世話焼きが他人にプレッシャーを与えることもあります。
  4. INFP(仲介者タイプ):
    • INFPは内省的で感情的な深さを持ち、飲み会ではしばしば人目を避けて静かに過ごすことを好みます。彼らは場の雰囲気に溶け込むのが苦手で、孤立してしまうこともあります。

これらのタイプは、それぞれ独特の方法で飲み会のシチュエーションに対応します。彼らの行動は、彼らの性格特性や個人的な好みに大きく影響されており、飲み会のダイナミクスに色々な影響を与えます。これらのタイプは、良くも悪くも特徴的な動きをするため、物語やシナリオの作成において興味深い要素を提供することができます。

MBTIとお酒の強さの関連


MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)の性格タイプとお酒の強さや耐性に直接的な関連はありません。MBTIは個人の性格特性を示すものであり、お酒の強さやアルコールに対する耐性は生物学的要因、個人の健康状態、飲酒の習慣などによって左右されるためです。

お酒の強さは主に遺伝的要因や肝臓のアルコール分解能力、体重、性別、飲酒の頻度や量、食事の有無などによって影響を受けます。したがって、MBTIタイプとお酒の強さを結びつけることは科学的根拠に基づかないとされています。

もし飲み会での個人の飲酒量や反応について理解を深めたい場合は、MBTIタイプよりも個々人の健康状態や飲酒習慣、個人の選択や嗜好に注目することが適切です。


MBTIと飲み会後の動き

飲み会が終わった後、各MBTIタイプは異なる感想や反応を持ちます。このセクションでは、飲み会後の反応の理解を深め、次回の飲み会に活かす方法を探ります。

飲み会後のMBTIタイプ別の感想

各MBTIタイプは飲み会後に異なる感想を持ちます。例えば、外向的なタイプはエネルギーを感じることが多いのに対し、内向的なタイプはリフレッシュが必要になることがあります。


以下はMBTIタイプごとの飲み会後の行動例を表にしたものです:

MBTIタイプ飲み会後の行動
ENFP異性を誘って2次会へ
ESTJ仕事や明日の計画を考えて家に帰る
ISFP親しい友人と静かに話しながら帰宅
INTJ一人で思索にふけりながら帰宅
ESTP場のノリでどこかに流れる
ISFJ飲み会の様子を振り返りつつ帰宅
ENFJ友達を誘って別の場所へ移動
INTP興味深い話題について考えながら帰宅
ENTJ効率的な翌日の準備のために早めに帰宅
ISTP衝動に従って行動
ESFJ周りの人の気分を気にしながら帰宅
INFP内省的に過ごした後、家に帰る
ENTP新しい人との出会いを探しながら行動
INFJ深い会話を楽しんだ後、ひとりの時間を楽しむ
ESFP楽しみながらも計画的に行動
ISTJルーティンに従って帰宅

この表は、飲み会後の各MBTIタイプの潜在的な行動パターンを示しています。各タイプはそれぞれ異なる行動傾向を持ち、飲み会後の行動もそれに影響されます。例えば、ENFPタイプは社交的で冒険的なので、飲み会後に異性を誘って2次会へ行くことがありますが、INTJタイプは一人の時間を大切にし、一人で帰宅する傾向があります。これらの行動パターンは、各個人の状況や個性によっても異なることに注意が必要です。

飲み会における社交イベント後の反省と学び

飲み会後に反省と学びを行うことは、自己成長に繋がります。どのような交流が効果的だったか、また今後の改善点は何かを考えることで、次回の社交イベントをより良いものにできます。

以下はMBTIタイプごとの飲み会における改善点の表です:

  • ENFP: 他者の意見も聞き、自己中心的にならないように注意
  • ESTJ: もっとリラックスして、形式にとらわれない交流を心がける
  • ISFP: 自分からも積極的に会話に参加し、意見を表明する
  • INTJ: 時には軽い話題も楽しむ余裕を持つ
  • ESTP: 衝動的な行動を控え、他人の気持ちを考慮する
  • ISFJ: 自分の話だけでなく、他者の話にも耳を傾ける
  • ENFJ: 過度に世話を焼かず、他人の自立を尊重する
  • INTP: よりオープンな姿勢で、他者との交流を楽しむ
  • ENTJ: 支配的になりすぎず、柔軟な対応を心がける
  • ISTP: 他者の意見も受け入れ、コミュニケーションを広げる
  • ESFJ: 他人の意見に耳を傾け、過度に管理しようとしない
  • INFP: 自己表現を強化し、自分の意見を積極的に共有する
  • ENTP: 他者の意見を尊重し、一方的にならないよう注意
  • INFJ: 感情を過度に抑えず、自然体で交流する
  • ESFP: 計画性を持ち、自己中心的な行動を控える
  • ISTJ: 柔軟な態度を持ち、新しい体験にも積極的になる

これらの改善点は、MBTIタイプごとの特性を踏まえて、飲み会での交流をより良いものにするための提案です。各タイプが自己の特性を理解し、他者とのコミュニケーションを改善するための参考になります。

物語: ENTPの失敗とINFPの成功 – 飲み会の意外な展開

場所: 会社の飲み会
登場人物: ENTP(サム)、INFP(エリオット)、同僚たち

シーン1: 飲み会の始まり

サムは会社の飲み会に自信満々で参加していました。彼はENTPタイプで、社交的で魅力的な性格の持ち主です。会場に入るなり、サムは周囲の同僚たちに声をかけ、ジョークを飛ばし始めます。一方、エリオットは静かに端の席に座り、人々の会話を聞いているだけでした。彼はINFPタイプで、飲み会のような社交的な場は苦手でした。

シーン2: ENTPのサムの挑戦

サムは皆を楽しませるために、いくつかのドリンクゲームを提案します。最初は皆が盛り上がりますが、次第にサムの提案はエスカレートしていきます。彼の振る舞いは徐々に周囲を不快にさせ始め、同僚たちの中には引き気味の人も出てきます。サムは自分の行動が場の雰囲気を悪くしていることに気づかず、さらに大胆な提案をしようとします。

シーン3: INFPのエリオットの一手

この状況を静かに観察していたエリオットは、サムの行動によって同僚たちが不快に感じていることに気づきます。彼は穏やかに立ち上がり、サムに近づいて静かに話をします。エリオットの言葉には深い共感と理解が込められており、サムは自分の行動が場の雰囲気を悪くしていることに気づきます。

シーン4: 雰囲気の変化

エリオットの提案により、飲み会はゆったりとした雰囲気に変わります。彼は静かに同僚たちに話を聞き、皆の意見を尊重する態度を示します。この変化により、同僚たちはリラックスし、本音で話し始めます。サムもエリオットの姿勢から学び、自分の行動を反省し始めます。

シーン5: 飲み会の終わりと新たな理解

飲み会が終わる頃、サムはエリオットに感謝の意を表します。彼は自分が場の雰囲気を読むことの重要性を学び、エリオットの内向的ながらも配慮深いアプローチに感銘を受けました。エリオットも自分が人々とコミュニケーションを取る能力を持っていることを実感し、新たな自信を得ます。

この物語は、MBTIのタイプが必ずしも社交的な場での成功を保証するものではないことを示しています。サム(ENTP)は社交的であるにも関わらず、場の雰囲気を読み間違えることで問題を引き起こしました。

一方、エリオット(INFP)は内向的であるにも関わらず、共感と理解をもって場を改善することができました。これにより、MBTIのタイプに関わらず、状況を正しく読み、適切に対応することが社交的な成功に繋がることが描かれています。

こんな感じで、どちらかというと飲み会が苦手なMBTIのINFPが活躍する時もあります。性格で決めつけすぎずに飲み会というイベントを楽しんでいきましょう(#^^#)。

MBTIと飲み会の関連:まとめ

ではおさらいです。要点を以下にまとめます。

  1. MBTIは性格タイプに基づく行動様式を示す心理学的ツール
  2. 飲み会での振る舞いはMBTIタイプによって大きく異なる
  3. 外向的なタイプは一般的に社交的で、飲み会を盛り上げる傾向
  4. 内向的なタイプは飲み会の騒がしい環境を苦手とする場合が多い
  5. ESTPやENFPのようなタイプは場の中心になることが多く、エネルギッシュ
  6. INTJやINFPのようなタイプは静かに観察するか深い会話を好む
  7. MBTIタイプはお酒の強さや耐性とは直接関連しない
  8. INFPが飲み会で意外にもうまく立ち回るシナリオを例に、MBTIタイプで得手不得手は一概に決まらない
  9. 同じMBTIタイプでも個人差が大きく、飲み会での行動は個々人の特性に左右される
  10. 飲み会のシチュエーションでは、MBTIタイプの理解が対人関係の改善に役立つ場合がある
  11. MBTIの知識は、飲み会での人間関係やコミュニケーションのスキル向上に寄与する
  12. MBTIタイプを活用することで、飲み会での自己理解と他者理解を深め、より良い社交体験が期待できる

如何でしたでしょうか?この記事が参考になったと思ったらブックマーク頂けると幸いです。ではまた別の記事でお会いしましょうm(_ _)m。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴3年 医療系企業に在籍経験あり アニメ サッカー マンガ YouTube ビジネス情報に特に詳しいです。

【いつでも安心、どこからでもつながる。】かもみーるなら、心の専門家と24時間以内に相談。日々の職場や家庭での疲弊に、資格を持ったカウンセラーが寄り添います。
目次