MENU
【いつでも24時間以内に相談可能】専門家によるオンラインカウンセリング✧かもみーる
カテゴリー

心理機能診断のグラフの見方と順列をMBTI全16タイプ一覧で解説

心理機能 診断 グラフ
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。  

あなたは自分の性格や思考の傾向をもっと深く理解したいと思っているのではないでしょうか。心理機能診断、特にMBTIは、その答えを探るための鍵となるツールとして広く認識されています。この記事を通して、MBTI心理機能の深い見方やその活用方法、さらには多様な解釈について学ぶことができます。さあ、自分自身の内面を探求する旅を始めましょう。

この記事で分かること:
  1. 心理機能診断の概要とその見方
  2. MBTIとは何か、その基礎について
  3. カール・ユングの心理機能診断に対する貢献
  4. MBTIと心理機能診断の基礎
  5. 4つの基本的な心理機能の詳細
  6. MBTIの16の異なる性格タイプの説明
  7. 心理機能の順列とその決定方法
  8. MBTI心理機能診断の具体的な活用方法
  9. グラフを使用した心理機能診断の見方
  10. 各MBTIタイプの心理機能の順列を示す表を作成

この情報を通して、あなたの性格や思考の傾向をより深く理解し、日常生活や人間関係に活かす手助けとなることを願っています。

MBTIの概要や関連事項は下記の記事を参考にして下さい。

目次

心理機能診断の概要と見方

心理機能診断、特にMBTIは、私たちの性格や思考の傾向を理解するための有効なツールとして広く認識されています。この記事では、MBTI心理機能の深い見方を探求し、その活用方法や多様な解釈について詳しく解説します。

MBTIとは?心理機能診断の基礎

MBTIは、Myers-Briggs Type Indicatorの略で、人々の性格や思考の傾向を16のタイプに分類する方法です。この診断は、カール・ユングの心理機能理論に基づいています。具体的には、思考、感情、感覚、直観の4つの主要な機能を組み合わせて、16の異なる性格タイプを形成します。

カール・ユングと心理機能診断

カール・ユングは、心理機能診断の基盤となる理論を提唱した心理学者です。彼の理論によれば、人々は外向的または内向的な性格を持ち、これが彼らの行動や思考の傾向に影響を与えます。また、ユングは4つの心理機能(思考、感情、感覚、直観)を提唱し、これらの機能がどのように組み合わさるかによって、人々の性格や行動の傾向が決まると考えました。

MBTIと心理機能診断の基礎

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター)は、人々の性格タイプを分類するための心理学的なツールです。この診断は、スイスの心理学者カール・ユングの理論を基に、アメリカのキャサリン・クック・ブリッグスと彼女の娘イザベル・ブリッグス・マイヤーズによって開発されました。

心理機能診断では、以下の4つの基本的な心理機能を中心に考えます。

  1. 思考 (Thinking: T): 論理的かつ客観的な判断を下す能力。事実や原理を基に判断を行います。
  2. 感情 (Feeling: F): 人や状況に対する感情や価値観を基に判断を行う能力。他人の気持ちや感じる雰囲気を重視します。
  3. 感覚 (Sensing: S): 現実的な情報や具体的な経験を基に情報を受け取る能力。五感を通じて得られる情報を重視します。
  4. 直観 (Intuition: N): 抽象的な情報や可能性を基に情報を受け取る能力。直感や予感を重視し、未来の可能性を考えることが得意です。

これらの心理機能は、さらに「外向 (Extraversion: E)」と「内向 (Introversion: I)」の2つの方向性に分けられます。外向的な人は、外部の世界との関わりを重視し、社交的で活発な傾向があります。一方、内向的な人は、自分の内面や独自の世界を重視し、独りでの時間を好む傾向があります。

これらの組み合わせにより、MBTIでは16の異なる性格タイプが定義されています。例えば、INTJは「内向的な直観・思考」を主要な心理機能とするタイプを指します。

心理機能の順列

MBTIのタイプには、4つの主要な心理機能があります。これらは以下のように分類されます:

  1. 感覚機能 (S): 現実的な情報や具体的な事実に基づいて物事を捉える。
    • 内向的感覚 (Si)
    • 外向的感覚 (Se)
  2. 直感機能 (N): 抽象的な概念や未来の可能性に基づいて物事を捉える。
    • 内向的直感 (Ni)
    • 外向的直感 (Ne)
  3. 思考機能 (T): 論理的かつ客観的な判断をする。
    • 内向的思考 (Ti)
    • 外向的思考 (Te)
  4. 感情機能 (F): 人間関係や感情に基づいて判断する。
    • 内向的感情 (Fi)
    • 外向的感情 (Fe)

各MBTIのタイプは、これらの心理機能の組み合わせに基づいています。第一機能から第四機能までの順列は、タイプによって異なります。

まずこのSi、Se、Ni、Ne、Ti、Te、Fi、Feの8つに分けて考えるのを覚えましょう。

第一機能(主要機能): これは最も自然に使用される機能で、個人の主要な視点やアプローチを形成します。

第二機能(補助機能): 補助的な役割を果たし、第一機能をサポートします。この機能は、第一機能とは異なる向きを持ちます(例:第一機能が内向的なら、第二機能は外向的)。

第三機能(対立機能): これはより補完的な役割を果たし、成熟するにつれてより発展してきます。

第四機能(劣性機能): これは最も使われない機能で、この機能は、特定の状況下でのみ現れることが多いです。

実際の順列の決め方

タイプ第一機能第二機能第三機能第四機能
ISTJSi (内向的感覚)Te (外向的思考)Fi (内向的感情)Ne (外向的直感)
ISFJSi (内向的感覚)Fe (外向的感情)Ti (内向的思考)Ne (外向的直感)
INFJNi (内向的直感)Fe (外向的感情)Ti (内向的思考)Se (外向的感覚)
INTJNi (内向的直感)Te (外向的思考)Fi (内向的感情)Se (外向的感覚)
ISTPTi (内向的思考)Se (外向的感覚)Ni (内向的直感)Fe (外向的感情)
ISFPFi (内向的感情)Se (外向的感覚)Ni (内向的直感)Te (外向的思考)
INFPFi (内向的感情)Ne (外向的直感)Si (内向的感覚)Te (外向的思考)
INTPTi (内向的思考)Ne (外向的直感)Si (内向的感覚)Fe (外向的感情)
ESTPSe (外向的感覚)Ti (内向的思考)Fe (外向的感情)Ni (内向的直感)
ESFPSe (外向的感覚)Fi (内向的感情)Te (外向的思考)Ni (内向的直感)
ENFPNe (外向的直感)Fi (内向的感情)Te (外向的思考)Si (内向的感覚)
ENTPNe (外向的直感)Ti (内向的思考)Fe (外向的感情)Si (内向的感覚)
ESTJTe (外向的思考)Si (内向的感覚)Ne (外向的直感)Fi (内向的感情)
ESFJFe (外向的感情)Si (内向的感覚)Ne (外向的直感)Ti (内向的思考)
ENFJFe (外向的感情)Ni (内向的直感)Se (外向的感覚)Ti (内向的思考)
ENTJTe (外向的思考)Ni (内向的直感)Se (外向的感覚)Fi (内向的感情)

これはMBTIの16のタイプと、それぞれのタイプに関連する心理機能の順列を示す表です。

上の表を見て欲しいのですが、各タイプの共通点としてアルファベットの1文字目がEかI、2文字目のSかN、3文字目はTかJ、4文字目はJかPとなります。

この法則は、アルファベットをある法則で当てはめていくゲームのような感覚で覚えると良いかもしれません。

①第一機能の決定は最初のアルファベットがEかIかで決まります。

②Eだったら主要機能が外的…つまり〇eとなります。Iだったら〇iとなります。

③次に最後の文字がJかPなのですが、Jだと3文字目のTかFが外向的〇eとなります。

④Pだと2文字目のSかNが外向的となります。

この法則を使ってINTJを例に考えてみましょう。

【例】INTJの場合の順列の決め方

1文字目がIなので主要機能が〇i、4文字目がJなので3文字目のTが外向的Teとなります。
2文字目がNなのでNiとなります。つまり主要機能がNiとなり、補助機能がTeとなります。
3文字目は補助機能の反対のアルファベットで外向き内向きも逆のものになりますので、Fiとなります。
4文字目は主要機能の反対のアルファベットで外向き内向きも逆のものになりますので、Seとなりました。

性質は以下のようになります。

  1. 第一機能: 内向的直感 (Ni) – 主要な視点やアプローチを形成。
  2. 第二機能: 外向的思考 (Te) – 補助的な役割を果たし、Niをサポート。
  3. 第三機能: 内向的感情 (Fi) – 成長と共に使われ補完的な役割を果たす。
  4. 第四機能: 外向的感覚 (Se) – 最も使われない機能。

このように、各タイプは特定の心理機能の組み合わせに基づいています。
今はタイプが分かっている状態から考えたので主要機能の等を特定できますが、本来はアルファベットを診断により逆から決定していくのが心理機能診断の結果です。

続きは、MBTI心理機能診断の活用方法について詳しく解説します。

心理機能診断の活用方法:グラフの見方

心理機能診断は、自己理解や人間関係の向上、コミュニケーションの質を高めるためのツールとして活用されています。このセクションでは、MBTI心理機能診断の具体的な活用方法について詳しく解説します。

MBTI1-2-3-4MBTI1-2-3-4
ESTPSe-Ti-Fe-NiESFPSe-Fi-Te-Ni
ENTPNe-Ti-Fe-SiENFPNe-Fi-Te-Si
ISTPTi-Se-Ni-FeISFPFi-Se-Ni-Te
INTPTi-Ne-Si-FeINFPFi-Ne-Si-Te
ESTJTe-Si-Ne-FiESFJFe-Si-Ne-Ti
ENTJTe-Ni-Se-FiENFJFe-Ni-Se-Ti
ISTJSi-Te-Fi-NeISFJSi-Fe-Ti-Ne
INTJNi-Te-Fi-SeINFJNi-Fe-Ti-Se
  1. 数値の読み取り
    • 各タイプの数値を確認します。数値が高いものほど、その心理機能が強く発達していると判断できます。逆に、数値が低いものは、その心理機能があまり発達していないと考えられます。
  2. 主要な心理機能の特定
    • 最も高い数値を持つ心理機能を特定します。これがそのタイプの主要な心理機能となります。
  3. 補助的な心理機能の特定
    • 次に高い数値を持つ心理機能を特定します。これがそのタイプの補助的な心理機能となります。
  4. タイプの判断
    • 主要な心理機能と補助的な心理機能を基に、タイプを判断します。

以下は、具体的な例を元にしたタイプの判断方法です:

この表を参考にすることで、各性格タイプの思考や行動の背後にある心理的なメカニズムをより深く理解することができます。

簡単なパターンの心理機能診断のグラフの見方

下記に全タイプの分かりやすいパターンで心理機能診断のグラフを載せておきます。

ESTP 心理機能診断 結果
FiFeTiTeSiSeNiNe
ESTP-224-151-3-4
Seの数値が最も高く、Tiの数値が次に高い場合、このタイプはESTPと判断できます。
ESFP 心理機能診断 結果
FiFeTiTeSiSeNiNe
ESFP4-1-22-451-3
Seの数値が5で最も高く、Fiの数値が4で次に高いので、このタイプはESFPと判断します。
FiFeTiTeSiSeNiNe
ENTP-224-11-3-45
Neの数値が5で最も高く、Tiの数値が4で次に高いので、このタイプはENTPと判断します。
FiFeTiTeSiSeNiNe
ENFP4-1-221-3-45
Neの数値が5で最も高く、Fiの数値が4で次に高いので、このタイプはENFPと判断します。
FiFeTiTeSiSeNiNe
ISTP-215-1-442-3
Tiの数値が5で最も高く、Seの数値が4で次に高いので、このタイプはISTPと判断します。
FiFeTiTeSiSeNiNe
ISFP5-1-21-442-3
Fiの数値が5で最も高く、Seの数値が4で次に高いので、このタイプはISFPと判断します。
FiFeTiTeSiSeNiNe
INTP-215-12-3-44
Tiの数値が5で最も高く、Neの数値が4で次に高いので、このタイプはINTPと判断します。
FiFeTiTeSiSeNiNe
INFP5-1-212-3-44
Fiの数値が5で最も高く、Neの数値が4で次に高いので、このタイプはINFPと判断します。
FiFeTiTeSiSeNiNe
ESTJ-2-3-154-4-32
Teの数値が5で最も高く、Siの数値が4で次に高いので、このタイプはESTJと判断します。
FiFeTiTeSiSeNiNe
ESFJ-25-1-34-4-32
Feの数値が5で最も高く、Siの数値が4で次に高いので、このタイプはESFJと判断します。
FiFeTiTeSiSeNiNe
ENTJ-2-3-15-424-3
Teの数値が5で最も高く、Niの数値が4で次に高いので、このタイプはENTJと判断します。
FiFeTiTeSiSeNiNe
ENFJ-25-1-3-424-3
Feの数値が5で最も高く、Niの数値が4で次に高いので、このタイプはENFJと判断します。
FiFeTiTeSiSeNiNe
ISTJ-2-3-125-4-34
Siの数値が5で最も高く、Teの数値が4で次に高いので、このタイプはISTJと判断します。
FiFeTiTeSiSeNiNe
ISFJ-25-1-34-4-32
Siの数値が5で最も高く、Feの数値が4で次に高いので、このタイプはISFJと判断します。
FiFeTiTeSiSeNiNe
INTJ2-3-14-4-25-3
Niの数値が5で最も高く、Teの数値が4で次に高いので、このタイプはINTJと判断します。
FiFeTiTeSiSeNiNe
INFJ25-1-3-4-24-3
Niの数値が5で最も高く、Feの数値が4で次に高いので、このタイプはINFJと判断します。

実際のパターンで心理機能診断の見方を考えてみる

ここからは実際の結果を使って心理機能診断のグラフを見ていきましょう。Twitterに心理機能診断の結果が上げられているのでそれを見ていきます。2つのパターンを見ていきましょう>

心理機能診断の結果①

スコアの基本的な読み方

  1. 正の数値: その心理機能が強く、日常生活でよく使用されることを示します。
  2. 0: その心理機能は中立的で、特に強くも弱くもないことを示します。
  3. 負の数値: その心理機能が弱く、日常生活であまり使用されないことを示します。

指定されたスコアに基づく読み方

  • Fi (内向的感情) 3: 内向的な感情を重視し、自分の価値観や感情に基づいて判断する傾向が強い。
  • Fe (外向的感情) 0: 他人の感情や人間関係を重視する傾向は中立的。特に強くも弱くもない。
  • Ti (内向的思考) -1: 論理的かつ客観的な判断をする傾向はやや弱い。
  • Te (外向的思考) 5: 非常に強く、効率的かつ目的志向的に物事を進めることを重視する。
  • Si (内向的感覚) 0: 過去の経験や現実的な情報に基づいて物事を捉える傾向は中立的。
  • Se (外向的感覚) -1: 現在の環境や具体的な情報に基づいて物事を捉える傾向はやや弱い。
  • Ni (内向的直感) -4: 抽象的な概念や未来の可能性に基づいて物事を捉える傾向は弱い。
  • Ne (外向的直感) -2: 新しい可能性やアイデアを追求する傾向はやや弱い。

このスコアをもとに、最も強い心理機能は「Te (外向的思考)」であり、最も弱い心理機能は「Ni (内向的直感)」であると解釈できます。この情報をもとに、自分の強みや弱み、コミュニケーションのスタイルなどを深く理解することができるでしょう。

  1. Fi (内向的感情) 3:
    • この数値は、Fiが比較的高いことを示しています。このため、内向的な感情を重視し、自分の価値観や感情に基づいて判断する傾向が強いと解釈できます。
  2. Te (外向的思考) 5:
    • この数値は非常に高く、最も目立つ特性として解釈できます。効率的かつ目的志向的に物事を進めることを非常に重視すると考えられます。
  3. Ni (内向的直感) -4:
    • この数値は低く、Niの傾向が弱いことを示しています。抽象的な概念や未来の可能性に基づいて物事を捉える傾向は弱いと解釈できます。
  4. その他の心理機能:
    • Fe, Siは中立的で、特に強くも弱くもないと解釈できます。
    • Ti, Se, Neはやや弱いと解釈できます。

総合的に見ると、FiとTeが高いことから、この人は自分の価値観や感情に基づいて判断する一方で、効率的かつ目的志向的に物事を進めることを重視していると考えられます。また、Niが低いことから、未来の可能性や抽象的な概念よりも、現実的な情報や具体的な事実に基づいて行動する傾向があると思われます。

したがって、Fiが高いことを同時に判断することは適切です。FiとTeの両方が高いことは、この人が自分の価値観や感情を大切にしつつ、効率的に物事を進める能力も持っていることを示しています。

結果はESTJかENTJにしぼられました。

ENTJとESTJの違い

  1. ENTJ (指導者型): 主要な心理機能はTe (外向的思考) で、次にNi (内向的直感) が続きます。彼らは自然なリーダーシップ能力を持ち、効率的に物事を進めることを重視します。
  2. ESTJ (管理者型): 主要な心理機能はTe (外向的思考) で、次にSi (内向的感覚) が続きます。彼らは組織的で、伝統やルールを重視する傾向があります。

指定されたスコアを考慮すると、Niのスコアが-4と比較的低いため、ESTJがより適切なタイプと予想されます。しかし、正確なタイプを特定するためには、他の心理機能のスコアや具体的な行動や思考の傾向も考慮する必要があります。

心理機能診断の結果②

https://twitter.com/Kyo_mu12/status/1665952165586948098
  1. Fi (内向的感情) 4: 内向的な感情を重視し、自分の価値観や感情に基づいて判断する傾向が強い。
  2. Fe (外向的感情) 0: 他人の感情や人間関係を重視する傾向は中立的。
  3. Ti (内向的思考) -2: 論理的かつ客観的な判断をする傾向はやや弱い。
  4. Te (外向的思考) -5: 効率的かつ目的志向的に物事を進めることを重視する傾向は非常に弱い。
  5. Si (内向的感覚) 2: 過去の経験や現実的な情報に基づいて物事を捉える傾向がやや強い。
  6. Se (外向的感覚) 6: 現在の環境や具体的な情報に基づいて物事を捉える傾向が非常に強い。
  7. Ni (内向的直感) -5: 抽象的な概念や未来の可能性に基づいて物事を捉える傾向は非常に弱い。
  8. Ne (外向的直感) 0: 新しい可能性やアイデアを追求する傾向は中立的。

この数値を基に分析すると、以下の傾向が見られます:

  • Seが非常に高く、これは主要機能としての役割を果たしている可能性が高い。
  • Fiも比較的高いため、これは補助機能としての役割を果たしている可能性がある。
  • TeとNiは非常に低いため、これらは下位の機能としての役割を果たしている可能性がある。

これらの情報を基に、ESFPのタイプが最も適合すると考えられます。

  • ESFP:
    • 第一機能: 外向的感覚 (Se)
    • 第二機能: 内向的感情 (Fi)
    • 第三機能: 外向的思考 (Te)
    • 第四機能: 内向的直感 (Ni)

したがって、この数値を基にしたタイプの判定は、ESFPとなります。

ESFPとISFPは似ている?

一方でISFPという判定も考えられます。提供された数値を再評価すると、以下のような解釈が可能です:

  • Fi (内向的感情) 4 は非常に高く、これが主要機能としての役割を果たしている可能性があります。
  • Se (外向的感覚) 6 も非常に高いため、これが補助機能としての役割を果たしている可能性があります。

ISFPの心理機能の順列は以下の通りです:

  • ISFP:
    • 第一機能: 内向的感情 (Fi)
    • 第二機能: 外向的感覚 (Se)
    • 第三機能: 内向的直感 (Ni)
    • 第四機能: 外向的思考 (Te)

提供された数値を考慮すると、FiとSeが非常に高いため、ISFPのタイプも非常に適合すると考えられます。したがって、ISFPという判定も十分考えられると言えます。


はい、ESFPISFPは多くの点で似ています。これは、両者が同じ心理機能を共有しているためですが、それらの機能の優先順位が異なります。以下に、ESFPとISFPの類似点と違いを詳しく解説します。

類似点

  1. 共有する心理機能: 両者は以下の心理機能を共有しています。
    • Fi (内向的感情)
    • Se (外向的感覚)
    • Ni (内向的直感)
    • Te (外向的思考)
  2. 感覚的で現実的: Seの影響により、両者とも現在の環境や具体的な情報に敏感で、現実的な視点を持っています。
  3. 感情的な判断: Fiの影響により、自分の価値観や感情に基づいて判断を下す傾向があります。

違い

  1. エネルギーの源:
    • ESFP: 外向的であり、他人との交流や活動的な環境からエネルギーを得る傾向があります。新しい経験や刺激を求めることが多いです。
    • ISFP: 内向的であり、独りでいることや深い考えをすることからエネルギーを得る傾向があります。外部の世界よりも自分の内部の世界に焦点を当てることが多いです。
  2. 主要機能と補助機能:
    • ESFP:
      • 第一機能: 外向的感覚 (Se)
      • 第二機能: 内向的感情 (Fi)
    • ISFP:
      • 第一機能: 内向的感情 (Fi)
      • 第二機能: 外向的感覚 (Se)
  3. 対人関係:
    • ESFP: より社交的で、グループの中心となることが多い。人々との直接的な交流を楽しむ。
    • ISFP: より控えめで、深い関係を築くことを好む。大勢の中よりも、一対一の交流を好むことが多い。

これらの類似点と違いを考慮すると、ESFPとISFPは多くの共通点を持ちつつも、エネルギーの源や対人関係のアプローチなどの点で異なる特性を持っています。

なぜ診断結果が解釈で違うのか?

MBTIの心理機能の数値は、個人の回答や状況、評価ツールの違いなどによって変動することがあります。そのため、数値に基づく主要機能や補助機能の判定は、一時的なものやスナップショットとして捉えることが重要です。以下の点を考慮すると、数値の安定性について理解することができます:

  1. 状況依存性: 人は異なる状況や時期によって異なる心理機能を前面に出すことがあります。たとえば、ストレスの多い時期や特定の環境下では、通常とは異なる心理機能が強調されることがあります。
  2. 評価ツールの違い: MBTIの評価ツールやテストは多数存在し、それぞれのツールが異なる質問や評価基準を持っています。これにより、同じ人が異なるツールで評価されると、異なる結果が出ることがあります。
  3. 成長と変化: 人は時間とともに成長し、変化します。このため、心理機能の優先度や強度も変動することが考えられます。
  4. 主観性: MBTIのテストは自己評価に基づくため、主観的な要素が含まれます。自己認識や自己評価の変動により、結果に変動が生じることがあります。

したがって、MBTIの心理機能の数値やタイプは、あくまでその時点での指標として捉え、絶対的なものとして解釈するのではなく、参考の一つとして利用することが推奨されます。

心理機能診断の判断が難しいパターン

最後に判断が難しいパターンを見ていきます。これは例題として作ったので、実際にこのデータの方を見つけたわけではありません。

FiFeTiTeSiSeNiNe
不明なタイプA3221-112-2
不明なタイプB23-122-211

判断が難しいタイプ①

  1. Fi (内向的感情) 3: この数値が最も高いため、Fiが主要機能としての役割を果たしている可能性が高い。
  2. Fe (外向的感情) 2Ti (内向的思考) 2: これらの数値が次に高いため、補助機能としての役割を果たしている可能性が考えられます。

考察: Fiを主要機能とするタイプはINFPやISFPが考えられます。しかし、補助的な心理機能がFeとTiで同じ数値を持っているため、確定的な判断は難しい。ISFPの場合、補助機能はSeですが、この数値は1と中程度です。INFPの場合、補助機能はNeですが、この数値は-2と低めです。このため、不明なタイプAの判定は難しいです。

もし結果を出すなら

  1. ISFP: Fiを主要機能とし、Seを補助機能とする。Seの数値は1と中程度ですが、最も可能性が高いと考えられます。
  2. INFP: Fiを主要機能とし、Neを補助機能とする。Neの数値は-2と低めですが、次に高い可能性として考えられます。

判断が難しいパターン②

  1. Fe (外向的感情) 3: この数値が最も高いため、Feが主要機能としての役割を果たしている可能性が高い。
  2. Fi (内向的感情) 2Te (外向的思考) 2: これらの数値が次に高いため、補助機能としての役割を果たしている可能性が考えられます。

考察: Feを主要機能とするタイプはENFJやESFJが考えられます。しかし、補助的な心理機能がFiとTeで同じ数値を持っているため、確定的な判断は難しい。ENFJの場合、補助機能はNiですが、この数値は1と中程度です。ESFJの場合、補助機能はSiですが、この数値は2と比較的高めです。このため、不明なタイプBはESFJに近いと考えられますが、完全に確定するのは難しいです。

もし結果を出すなら

  1. ESFJ: Feを主要機能とし、Siを補助機能とする。Siの数値は2と比較的高めで、最も可能性が高いと考えられます。
  2. ENFJ: Feを主要機能とし、Niを補助機能とする。Niの数値は1と中程度ですが、次に高い可能性として考えられます。

以上の分析を基に、不明なタイプA不明なタイプBの確定的な判定は難しいと言えます。これらの数値は、あくまでその時点での指標として捉え、絶対的なものとして解釈するのではなく、参考の一つとして利用することが推奨されます。

このようなケースでは、他の情報や状況を考慮して、より詳細な分析や診断が必要となります。

心理機能診断の見方まとめ

おさらいです。下に要点を纏めています。

  1. 心理機能診断、特にMBTIは性格や思考の傾向を理解するためのツール
  2. MBTIは16のタイプに分類し、カール・ユングの心理機能理論に基づく
  3. 思考、感情、感覚、直観の4つの主要な機能が存在
  4. カール・ユングは外向的または内向的な性格の理論を提唱
  5. MBTIはカール・ユングの理論を基に開発された
  6. 心理機能には思考、感情、感覚、直観の4つがあり、外向と内向の方向性も考慮
  7. MBTIの組み合わせにより16の異なる性格タイプが定義
  8. MBTIのタイプには感覚、直感、思考、感情の4つの心理機能が存在
  9. 各MBTIのタイプは心理機能の組み合わせに基づく
  10. MBTI心理機能診断は自己理解や人間関係の向上のためのツールとして活用
  11. MBTIのタイプ判断には心理機能の数値が利用される
  12. 各タイプの数値が高いものはその心理機能が強く発達していると判断

如何でしたでしょうか?この記事が参考になったと思ったらブックマーク頂けると幸いです。

ではまた別の記事でお会いしましょうm(_ _)m。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴3年 医療系企業に在籍経験あり アニメ サッカー マンガ YouTube ビジネス情報に特に詳しいです。

【いつでも安心、どこからでもつながる。】かもみーるなら、心の専門家と24時間以内に相談。日々の職場や家庭での疲弊に、資格を持ったカウンセラーが寄り添います。
目次