MENU
【いつでも24時間以内に相談可能】専門家によるオンラインカウンセリング✧かもみーる
カテゴリー

MBTIとエニアグラムの組み合わせで自己理解を深めよう

MBTI エニアグラム
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。  

あなたは自分自身をもっと深く知りたいと思っているのではないでしょうか。特に、自分の性格や行動の背後にある動機を理解することで、日常生活や人間関係での課題を乗り越えたいと感じているかもしれません。

そんなあなたの悩みや疑問に答えるため、2つの有名な性格診断ツールを組み合わせて、自己理解を一歩進める方法を紹介します。この内容を通じて、あなたの内面の深層を探求し、より豊かな人生を歩むためのヒントを得ることができるでしょう。

この記事で分かること:
  1. MBTIとエニアグラムの基本的な概念とその違い。
  2. これらのツールを組み合わせることで得られる利点とは。
  3. 自分の性格タイプを正確に理解するためのステップ。
  4. 他者との関係を向上させるための具体的なアドバイス。
  5. 自己理解を深めることで得られるメリットとその実例。
目次

MBTIとエニアグラムの基本と普及度

MBTI (Myers-Briggs Type Indicator):

  • MBTIは、ビジネス、教育、カウンセリングなどの多くの分野で広く使用されています。
  • 世界中で数百万人がMBTIを受験しており、多くの組織や教育機関でパーソナリティの理解やチームビルディングのツールとして利用されています。
  • 日本でも、企業の人事評価やチームビルディング、キャリアカウンセリングなどで利用されています。

MBTIの概要や関連事項は下記の記事を参考にして下さい。

エニアグラム:

  • エニアグラムは、宗教、スピリチュアル、心理学の分野での使用が増えてきています。
  • 世界的には、カウンセリングやスピリチュアルなガイダンス、自己啓発のツールとしての普及が進んでいます。
  • 日本では、近年の自己啓発ブームに伴い、エニアグラムに関する書籍やセミナーが増えてきています。

具体的な普及率の数字については、特定の研究や調査に基づく情報が必要です。もし、さらに詳しい情報や特定のデータが必要な場合は、専門の資料や研究報告を参照することをおすすめします。

MBTIの基本概念

MBTIは、カール・ユングの心理学的タイプ理論に基づいて、キャサリン・クック・ブリッグスと彼女の娘イザベル・ブリッグス・マイヤーズによって開発されました。この診断ツールは、4つの二項対立する性格指標を用いて、人々の性格タイプを16に分類します。具体的には、外向(E)と内向(I)、感覚(S)と直観(N)、思考(T)と感情(F)、判断(J)と知覚(P)の4つの指標があります。

MBTIの16の性格タイプ

MBTIの16の性格タイプは、上記の4つの指標の組み合わせによって決まります。例えば、外向・感覚・思考・判断のタイプはESTJとなります。それぞれのタイプには、独特の性格や行動の傾向があり、その中での強みや弱み、適職などが明確にされています。

エニアグラムの基本概念

エニアグラムは、古くから伝わる心理学的な知識に基づいて、人々の性格を9つのタイプに分類するモデルです。このモデルは、人々の基本的な欲求や恐れ、動機に焦点を当てています。エニアグラムのタイプは、数字で1から9までのラベルが付けられており、それぞれのタイプには独特の性格や行動の傾向があります。

エニアグラムの9のタイプ

エニアグラムの9のタイプは、それぞれ独特の性格や行動の傾向を持っています。例えば、タイプ1は「改革者」と呼ばれ、正義感が強く、完璧を求める性格です。タイプ2は「助け手」と呼ばれ、他人を助けることを喜びとする性格です。このように、エニアグラムの各タイプは、人々の深層心理や動機に基づいて分類されています。

具体的な9つのタイプについて:

  1. タイプ1:改革者 – 理想主義的、自己批判的、怒りっぽい
  2. タイプ2:助け人 – 他人を思いやる、誇り高い、人懐っこい
  3. タイプ3:達成者 – 適応性が高く、駆り立てられる、画像志向
  4. タイプ4:個人主義者 – 感受性が強く、引きこもりがち、独自性を持つ
  5. タイプ5:研究者 – 観察的、孤立的、革新的
  6. タイプ6:忠実家 – 信頼性が高く、疑念深い、安定している
  7. タイプ7:楽観家 – 快活、分散的、多趣味
  8. タイプ8:挑戦者 – 強力、支配的、自己主張が強い
  9. タイプ9:平和主義者 – 簡単に満足する、無関心、和解的

エニアグラムの診断


エニアグラムの診断は、専門家による面接や、自己評価式の質問紙を使用して行われます。以下は、エニアグラムの診断を受ける際の一般的な手順と注意点です:

  1. 専門家による面接
    • 一部のエニアグラムの専門家は、面接を基にして診断を行います。
    • 専門家は、あなたの性格や行動の傾向、感情の反応などに関する質問をします。
    • 面接は、あなたの自己認識を深めるためのものであり、最も正確なタイプを特定するためのものです。
  2. 自己評価式の質問紙
    • 多くのエニアグラムの診断ツールは、自己評価式の質問紙を使用しています。
    • 質問紙には、あなたの行動や感情、考え方に関する一連の質問が含まれています。
    • それぞれの質問に対して、あなたがどれだけその記述に同意するかを示すためのスケールが用意されています。
  3. 結果の解釈
    • 診断が完了すると、あなたの主要なエニアグラムのタイプが特定されます。
    • また、ウィング(隣接するタイプ)や、ストレスや安息時の動きなど、エニアグラムの動的な側面に関する情報も提供されることがあります。
  4. 注意点
    • エニアグラムは、あなたの内面の動機や恐れ、欲求を明らかにするツールです。そのため、自分自身を正直に評価することが重要です。
    • 診断結果は、あなたの自己理解を深めるための一つの手がかりとして捉え、結果に固執しないようにしましょう。
    • エニアグラムの診断は、専門家の指導のもとで行うことが推奨されます。自己診断の場合、誤ったタイプに分類されるリスクがあります。

これらの概念は、エニアグラムの理論を深く理解するためのものであり、個人の自己認識や他者との関係を深める手助けとなります。

MBTIとエニアグラムの違いと相関性

  • MBTIとエニアグラムの主な違い
  • 両者の相関性について
  • 実際の診断方法

MBTIとエニアグラムの違い

MBTIは、人々の思考や行動のパターンを16の性格タイプに分類するのに対し、エニアグラムは人々の基本的な動機や恐れを9のタイプで表現します。MBTIは、外向や内向、感覚や直観などの二項対立する性格指標を基にしています。一方で、エニアグラムは人々の深層心理や動機に焦点を当てています。このため、MBTIは行動の傾向を、エニアグラムは心の動きをより深く探るツールと言えます。

MBTI (マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)

  1. 起源と目的: MBTIは、カール・ユングの心理学的タイプ理論に基づいて、キャサリン・クック・ブリッグスと彼女の娘イザベル・ブリッグス・マイヤーズによって開発されました。このツールの主な目的は、個人の自己認識を深め、職業選択やチームワークの効果を最大化するための情報を提供することです。
  2. 構造: MBTIは4つの二項対立する指標に基づいています: 外向(E) vs 内向(I), 感覚(S) vs 直観(N), 思考(T) vs 感情(F), 判断(J) vs 知覚(P)。これらの組み合わせにより、16の異なる性格タイプが形成されます。
  3. 焦点: MBTIは、人々が情報をどのように受け取り、その情報に基づいてどのように決定を下すかに焦点を当てています。

エニアグラム

  1. 起源と目的: エニアグラムの起源は古く、宗教的、哲学的、心理学的な背景を持つと言われています。このツールは、自己認識を深め、自己成長を促進するためのものとして使用されます。
  2. 構造: エニアグラムは9つの主要な性格タイプに基づいており、それぞれのタイプは特定の欲求や恐れ、動機に関連しています。さらに、ウィングや統合・分裂の動きなど、複雑な関連性も持っています。
  3. 焦点: エニアグラムは、人々の深層心理、欲求、恐れ、および動機に焦点を当てています。それは、なぜ人々が特定の方法で行動するのか、その背後にある深い理由や動機を探るツールとして機能します。

総括

MBTIは、行動のパターンや情報処理の方法に関する洞察を提供するのに対し、エニアグラムは、個人の深い動機や恐れ、欲求に関する洞察を提供します。MBTIは、外部的な行動や反応の傾向に焦点を当てるのに対し、エニアグラムは、内部的な感情や動機に焦点を当てています。これらのツールは、異なるアプローチと焦点を持っているため、それぞれのツールが提供する情報の種類と深さも異なります。

MBTIとエニアグラムの相関性

MBTIとエニアグラムの間には一定の関連性が認められます。例えば、MBTIのINTJタイプとエニアグラムのタイプ5は、独立心が強く、論理的な思考を持つ点で類似しています。しかし、これは一例に過ぎません。実際には、一つのMBTIタイプが複数のエニアグラムタイプと関連している場合もあります。このような相関性を理解することで、自己理解や他人との関係性の理解が深まります。

MBTIタイプエニアグラムの主な関連タイプ
INTJタイプ5(研究者)、タイプ1(改革者)
INTPタイプ5(研究者)
ENTJタイプ8(挑戦者)、タイプ3(達成者)
ENTPタイプ7(楽天家)、タイプ8(挑戦者)
INFJタイプ4(個人主義者)、タイプ9(平和者)
INFPタイプ4(個人主義者)、タイプ9(平和者)
ENFJタイプ2(助け人)、タイプ3(達成者)
ENFPタイプ7(楽天家)、タイプ4(個人主義者)
ISTJタイプ1(改革者)、タイプ6(忠実家)
ISFJタイプ2(助け人)、タイプ6(忠実家)
ESTJタイプ8(挑戦者)、タイプ1(改革者)
ESFJタイプ2(助け人)、タイプ3(達成者)
ISTPタイプ5(研究者)、タイプ9(平和者)
ISFPタイプ9(平和者)、タイプ4(個人主義者)
ESTPタイプ7(楽天家)、タイプ8(挑戦者)
ESFPタイプ7(楽天家)、タイプ2(助け人)

この表は一般的な傾向に基づいていますが、個人の結果が必ずしもこの通りになるとは限りません。

それぞれのタイプの特徴と関係性

エニアグラムのタイプ1は「改革者」と呼ばれ、正義感が強い性格です。MBTIのISTJやESTJは、事実を重視し、計画的に行動する性格として知られています。このように、エニアグラムとMBTIの各タイプは、独自の特徴を持ちながらも、一定の関係性が認められます。

了解しました。エニアグラムとMBTIの関係性についての情報を、全タイプについて表でまとめます。ただし、以下の表は一般的な見解や研究に基づいたものであり、個人差があるため絶対的なものではありません。

エニアグラムのタイプエニアグラムの特徴似ているMBTIのタイプMBTIの特徴異なる点
タイプ1: 改革者正義感が強いISTJ, ESTJ事実を重視し、計画的に行動するエニアグラムは動機に基づくが、MBTIは思考・行動のパターンに基づく
タイプ2: 助け手他者を助けることに価値を見いだすESFJ, ENFJ他者との関係を重視するタイプ2は承認を求める傾向があるが、ESFJやENFJは単に他者との調和を重視
タイプ3: 達成者成功を追求するESTJ, ENTJ目標達成を重視するタイプ3は自己の価値を成功に結びつけるが、ESTJやENTJは効率や組織の成功を重視
タイプ4: 個人主義者独自性を重視するINFP, ISFP内省的で感受性が高いタイプ4は欠如感を感じることが多いが、INFPやISFPは自分の価値観を大切にする
タイプ5: 観察者知識を追求するINTJ, INTP理論的・分析的に物事を考えるタイプ5はエネルギーの保存を重視するが、INTJやINTPは新しいアイディアや理論を追求
タイプ6: 忠実家信頼と安全を求めるISFJ, ISTJ伝統やルールを重視するタイプ6は不安を感じやすいが、ISFJやISTJは安定や責任感を重視
タイプ7: 冒険家新しい経験を追求するESFP, ENFP外向的で好奇心が強いタイプ7は痛みを避ける傾向があるが、ESFPやENFPは新しい経験そのものを楽しむ
タイプ8: 挑戦者コントロールを求めるESTP, ENTJ強いリーダーシップを持つタイプ8は弱さを見せたくないが、ESTPやENTJは効果的な行動を重視
タイプ9: 平和を愛する人調和を重視するISFP, INFP穏やかで受容的タイプ9は自分の欲求を無視する傾向があるが、ISFPやINFPは自分の価値観や感情を大切にする

この表は、エニアグラムとMBTIの一般的な関係性を示すものであり、実際の個人の性格や行動はこの限りではありません。また、エニアグラムとMBTIは異なる性格分類法であるため、完全な対応関係は存在しない点を理解してください。

無料での診断方法

現在、インターネット上には多くの無料のMBTIやエニアグラムの診断ツールが存在します。これらのツールは、簡易的な質問に答えることで、ある程度の診断結果を得ることができます。ただし、無料のツールは専門家による診断ほどの精度は期待できないため、結果を参考程度に考えることが大切です。

費用はかかりますが、下記から公式のサイトで診断や学習ができます。

日本エニアグラム学舎  日本MBTI協会

診断ツールの比較

MBTIの診断ツールは、16の性格タイプを詳しく分析することができます。一方、エニアグラムの診断ツールは、9のタイプの中から最も当てはまるタイプを特定することができます。どちらのツールも、自己理解を深めるための参考として利用することができます。

MBTIとエニアグラムの実用性と活用方法

  • 両者の実用性について
  • 企業や組織での活用例
  • 個人の日常生活での活用方法

両者の実用性について

MBTIとエニアグラムは、自己理解や他人とのコミュニケーションを深化させるための有効なツールとして広く認知されています。特に、自分の強みや弱み、コミュニケーションのスタイルなどを知ることで、より効果的な人間関係を築くことができます。また、これらのツールは、適職の選択やキャリアの方向性を考える際の参考としても活用されています。

企業や組織での活用例

多くの企業や組織では、MBTIやエニアグラムを人事評価やチームビルディングのツールとして導入しています。新入社員のオリエンテーションやリーダーシップ研修などの場面で、これらの診断を行い、結果をもとにチームの強みや改善点を議論することが一般的です。このようにして、チームのコミュニケーションの質を向上させる取り組みが行われています。

個人の日常生活での活用方法

個人の日常生活においても、MBTIやエニアグラムの知識は非常に役立ちます。例えば、自分の行動の傾向や相手の性格タイプを知ることで、よりスムーズなコミュニケーションを取ることができます。また、自分の性格タイプに合わせたストレスの解消方法やリラクゼーションの方法を見つけることも可能です。

MBTIとエニアグラム:まとめ

  1. MBTIとエニアグラムは性格診断のツール
  2. MBTIは16の性格タイプを持つ
  3. エニアグラムは9の性格タイプを持つ
  4. 両者は異なるアプローチで性格を捉える
  5. MBTIは生まれ持った性格を、エニアグラムは成長過程での性格を示す 補足:MBTIは固定的、エニアグラムは動的な性格の変化を示す
  6. MBTIとエニアグラムの組み合わせでより深い自己理解が可能
  7. 両者を併用することで相手の理解も深まる
  8. MBTIの性格タイプとエニアグラムのタイプは一致しないことが多い
  9. それぞれのツールは独自の理論と背景を持つ
  10. MBTIは外向性や感覚などの側面を、エニアグラムは欲求や恐れなどの側面を強調
  11. 両者の違いを理解することで、より有効に活用できる

如何でしたでしょうか?この記事が参考になったと思ったらブックマーク頂けると幸いです。ではまた別の記事でお会いしましょうm(_ _)m。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴3年 医療系企業に在籍経験あり アニメ サッカー マンガ YouTube ビジネス情報に特に詳しいです。

【いつでも安心、どこからでもつながる。】かもみーるなら、心の専門家と24時間以内に相談。日々の職場や家庭での疲弊に、資格を持ったカウンセラーが寄り添います。
目次